携帯基地局 電気料金の改定

2014.03.11



消費税改定(5%→8%)まであと20日。
順次、所有物件の改定通知作業を行っています。



2014年02月04日「消費税8%適用のタイミング」



管理依託物件は管理会社様に対応をお任せしてますが、自主管理物件は当方で告知が必要。
先月までに駐車場や事務所、店舗等への改定告知を投函し、承諾を頂きました。


あと忘れがちなのが携帯基地局の賃貸料+電気使用料
当方所有物件では2棟の屋上に基地局が設置されています。

4月以降、電気料金が消費税アップ分値上げされますので基地局で使われる電気料金も値上がります。
基地局所有者様に消費税アップ分を増額してもらう必要があります。


賃貸借契約書には、
「電気料金が改定された場合、甲(ゴン法人)の申し出により乙(携帯電話会社)はすみやかに応じ、甲、乙協議の上、料金改定を行う」と書かれています。


つまり、甲側からの申し出がないと改定しないと読み取れます。
ちなみに私の場合の乙側対応ですが、1社は先に文章で消費税アップ分を負担する旨の通知文を受け取り、もう1社は、こちら側から電話で問い合わせて対応する旨の回答を得ました。

今回は消費税改定ですので、乙側が自発的に改定する可能性が高いとは思いますが、念のために確認しましょう。


ちなみに、単純な電気料金値上げは、甲側から申告しないと勝手に改定してくれません。
関西電力の場合、昨年春に大幅値上げしましたが私はすぐに値上げ分の改定を申し出て変更してもらいました。

申し出ないと値上げ前の電気料金に基づく負担しかしてもらえません。
申し出ておられない建物所有者様は、是非申告しましょう。

長期間に渡りますので決して小さくない金額になると思います^^



posted by ゴン at 19:00 | Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする