家賃1万円/月の衝撃

2014.06.04



賃貸物件の過剰供給による家賃下落。
全国的に問題になっています。

2008年のリーマンショック直後は、全国の賃貸物件で空室が多発し、あり得ない家賃設定が見られました。
そのほとんどが福岡や岡山等の地方都市でした。

景気回復と共にこういった過剰な低家賃物件はあまり見かけなくなりました。


しかし、物件の供給過剰が解消されたわけではありません。
全国的に家賃下落は続いています。

2万円/月以下の家賃(共益費込)、敷礼ゼロの賃貸物件を全国でネット検索してみると約2000物件がヒット。
そのほとんどが1Rや1Kのシングル三点ユニット物件。

以前は地方都市が中心でしたが、今回検索してみると、家賃1万円から全国各地で募集中物件が。

地元大阪で検索してみても、数多くの物件が出てきました。
平成築RC造で家賃1万円台の物件がゴロゴロ。。。
月極駐車料金みたいな家賃です。


三点ユニットの物件。
全てが低家賃になっているわけではありません。
好立地物件や差別化された物件は高家賃帯を維持しています。

逆にいえば、特徴のない物件は今後1万円を切る可能性もありそうです。



posted by ゴン at 22:30 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする