大家300万人時代

2014.07.30



メガ大家佐藤さんの記事を読みました。


大家300万人時代 不動産投資に駆り立てる変化
2014/7/29 日経ヴェリタス


「物件を案内しましょう」。
男性はポルシェを飛ばし、札幌市内のアパートに向かう。
築50年と年季が入っているが、ほぼ満室。

次は市内中心部「大通公園」近くの物件へ。
こちらは11階建ての高級マンション。
7億円を投じて新築した。



■家賃収入年6億円


男性の名は佐藤元春さん(39)。
札幌を中心に40棟近い賃貸物件を保有する「メガ大家」だ。
家賃収入は年6億円近く。
借入金の返済などを差し引いても2億円を稼ぎ出す。

資産家だったわけではない。
大学卒業後の1998年に就職したのは学習塾。
2001年に札幌で競売に出ていたマンションの一室を約150万円で落札したことが転機だった。
貸すと年30%もの利回りが出た。
00年代半ばから法人化し、学習塾はやめた。

07〜08年には「不動産ミニバブル」の崩壊を予見して保有物件の半分を売却。
この資金をもとにバブル崩壊後、物件取得を加速させた。
400人もの業者と付き合って物件情報を仕入れ、一つ一つ実見する。
佐藤さんは「泥臭い努力が物を言うのが不動産投資」と語る。

メガ大家を目指し、一般のサラリーマンも続々と賃貸不動産市場に参入している。

(中略)

今や賃貸用不動産を持ち、所得を得ている個人は320万人。
株式の個人投資家は推計1200万人で、その4分の1に達する。




今や多くの人が行っている不動産投資。
私も新興組の一人です。

緩和マネーが溢れ不動産が過熱し始めた現況。
リーマンショック前夜ではとの声もチラホラ聞きますが、将来は誰も予想できません。

各自が取れるリスク範囲をしっかりと見極めることが重要ですね。



posted by ゴン at 19:50 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする