弥生がオリックス傘下に

2014.11.13



個人事業主分の確定申告。
弥生の青色申告ソフトを使って毎年確定申告しています。







本日のニュースを見られた方も多いと思います。
弥生がオリックス傘下に入るようです。


オリックス、会計ソフトの弥生買収 800億円超で
2014/11/13 日本経済新聞



オリックスは小規模事業者向け業務ソフトア大手の弥生(東京・千代田)を買収する方針を固めた。
買収金額は既存借り入れの返済分を含めた総額で800億円台前半になる見通しだ。
弥生が持つ120万社を超す豊富な顧客基盤を生かし、リースなどオリックスの取引を拡大させる。
13日午後にも発表する。

(中略)

弥生は1978年に創業し、2004〜07年にはライブドア・グループの傘下にあった。
14年9月期の売上高は162億円で、主力商品の「弥生会計」は小規模事業者向け会計ソフトで7割を超すシェアを持つ。

全国に125万社以上の顧客がおり、サポートを随時受けられる有料会員もうち41万社にのぼる。
中小企業庁によれば日本の小規模事業者数は334万社で、弥生の顧客はその4割に迫る。

オリックスは弥生を買収することで顧客基盤を一気に拡大するとともに、オリックスが持つ金融サービスも提供しやすくなる。
リースをはじめとして銀行や保険など幅広い事業を手掛けているが、顧客は大企業や中堅企業が中心で小規模事業者は手薄だった。


96958A9E93819591E3E19AE2E08DE3E1E3E3E0E2E3E69F9FE2E2E2E2-DSXMZO7963084013112014MM0002-PB1-6.jpg




オリックスとしては、弥生の顧客向けにオフィス用品などを一括して購入することで仕入れ費用を抑えることや、貸しオフィスの提供なども想定している。
弥生にとってもオリックスの傘下に入ることで顧客へのサービスが拡充できる利点がある。
(以下省略)



利用者としてはサービスが良くなる事に期待したいです^^



posted by ゴン at 20:40 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産関連の面白キャッチフレーズ

2014.11.14



関西、急に寒くなりました^^;
そろそろ暖房器具の出番ですね。


ネット検索していて、面白い不動産関連の看板やチラシを見つけました。



CIMG1622ヒロ墓工事社看板.jpg



これ見たら・・・、絶対、無断駐車しません(笑)




s-IMG_1067-225x300.jpg



「土地」と「息子」を同列に並べる凄さ。
気になってる方、即、相談に行ってしまいそうです(笑)




kanban02.jpg



お米買ったついでに不動産!?
このスケール感にノックアウトです^^


不動産関連にもたくさん面白いキャッチコピー!?がありますね。
よい週末を^^



posted by ゴン at 18:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古田佳奈美さんセミナー

2014.11.16



昨日は、第25回目の関西大家の会セミナーでした。
今回の講師は株式会社リノスタイル不動産 代表取締役 古田佳奈美さん。



【セミナータイトル】

「好立地で高利回りをたたき出す!秘密のリノベーション・レシピ」
〜実例写真たくさん見せます〜


 
 

約100名の大家さんで満席になりました。



DSC_0142.jpg



<内容>

@リノベーション向きの物件とは?購入時に見極める3つポイント
Aリノベーションプランはどのように作るか?秘密のレシピ大公開!
B費用対効果の高いリノベポイントはコレだ!
Cリノベーション費用実例 見積大公開!
D全空き物件が即満室!客づけの極意とは?



古田さんは、100戸超を所有する大家さん。
不動産業免許も取得され、約420戸を管理する立場でもおられます。

デザイン学科卒業という特技を生かしつつ、大家さん、業者さん双方の立場を理解しながらのリノベーション。
そのノウハウを余すことなく語って頂きました。


賃貸物件の場合、実需と異なり対費用効果を見極めたリノベプランが必須。

古田さんがセミナー中に何度か話されておられた「撮影構図を考えたプラン作り」はかなり参考になりました。




その後の懇親会。
各所でお酒を酌み交わしながら不動産投資話に花を咲かせていました。



DSC_0146.jpg



今回、講師を快く引き受けてくださった古田さん。
そしてご一緒させて頂いた皆様。
ありがとうございました!



posted by ゴン at 18:30 | Comment(2) | 関西大家の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする