AED

2015.01.08



『AED』

最近、駅等の公共施設などで見かけることが増えました。

AEDは、突然の心停止を起こして倒れた人を、そこにいる人たちがその場で使って倒れた人の命を救うことができる医療機器。




aed.jpg




助かる可能性のある命を救える大切な機械です。


自動販売機でも見掛ける様になりました。




DSC_0103.jpg




最近、分譲マンションへの設置例が増えています。

また、賃貸物件に大家さん自身が設置する事例も。
素敵な取り組みだと思います。


ただ、価格は安いものでも約30万円。
もう少し安くなると爆発的に普及しそうです。



タグ:AED
posted by ゴン at 21:30 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エレベーターの定期検査

2015.01.09




エレベーターが付いている物件。
昇降機検査結果の報告が定期的に義務付けられています。


定期検査報告制度とは、建築基準法に基づいた制度。
専門的な知識をもった検査資格者により年一回検査を実施し、その結果を所轄特定行政庁に報告するように義務づけたものです。


入居者様が安全に使用するために所有者として必須の検査です。



検査したエレベーター内には定期検査報告済証マークが付いているはずです。



mark1_big.gif




先日、大阪マンション2号のエレベーター検査が完了し報告しました。
ただし、既存不適格箇所が複数あります。


平成21年9月、エレベーターの安全に係る技術基準の見直しが行われ、建築基準法施行規則及び建築基準法施行令の一部改正が行われました。

これ以前のエレベーターの多くは現状、既存不適格だと思います。


建築当時の建築基準法令に基づいて建築された建物は、現在の法令の規定は適用されません。
当然、現在使用されているエレベーターも引き続き使用可能。


ただ、毎年「既存不適格」と表記されるのは何となく気持ち悪いです^^;



posted by ゴン at 22:30 | Comment(0) | 14.大阪マンション2号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金はサルを進化させたか

2015.01.11



世の中三連休ですね。
お金に関する本で久々に面白い本を読みました。



お金はサルを進化させたか よき人生のための日常経済学
野口 真人(著)







<内容紹介>

あなたはお金を賢く使っていますか?

買い物をするときあなたの脳はどのように働くのか。
「お金の正しい使い方」「自分への投資」とは何か。
本書は、ファイナンス理論、金融工学、確率論、統計学、行動経済学などを使って、「いかにお金を賢く使うか」を解説します。


「不動産の知識がなくても3分で自宅の価値がわかる」
「人はなぜ当らない宝くじを買うのか」
「銀座と渋谷の土地の値段はなぜ違うのか」
「なぜお金持ちはリスクを嫌うのか」
「なぜギャンブルにはまってしまうのか」
「なぜ人は生命保険に入るのか」

など、
誰にでも起こる身の回りの出来事を取り上げながら、その裏に隠れているファイナンス理論や行動心理の理論を分かりやすく紹介。

今までなんとなく漠然と行っていたお金について、その正しい使い方について深く考察していきます。




『うまくお金を使うことはそれを稼ぐと同じくらい難しい』
というビル・ゲイツの言葉で始まる本書。

読み進めるにつれ、人間という生き物はいつまでたっても変わらないものなんだな、という思いが湧きあがってきます。


確率論やファイナンス論が分かりやすく説明されています。

不動産関連も出てきて親しみやすかったです。
単なる『不動産投資』には否定的なのが文間から伝わりましたが、その趣旨には大いに共感しました。


最後に書かれている言葉。

「吾唯足知」

釈尊が説いた言葉で、「足ることを知る人は、心穏やかであり、足ることを知らない人は、心はいつも乱れている」の意味。

心に響きました。



<抜粋>

ある程度自由が利く資産を手にしたら十分に満足を感じてほしい。
あくなきお金の追及はあなたがお金に隷属することを意味する。
我々がお金を手に入れる目的は、お金そのものからの束縛から自由になるためなのだから




最近ゼロからはじめた不動産投資家の多くは、私を含め、まだまだお金に縛られています。

本来の目的を忘れ、規模を追求し続けたり忙殺されたままの人生。
お金の呪縛から解き放たれないまま人生を終えない様、肝に銘じたいです。


読みやすくてわかりやすい。
おススメです^^



posted by ゴン at 21:30 | Comment(0) | おすすめ書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする