自己資本比率の改善方法

2015.02.07



昨日の記事、質問メールを複数頂きました。
せっかくなので昨日の続きを書こうと思います。

*当方素人ですので、正確には各自専門家に確認を取ってくださいね。




融資先企業を格付けする際の重要な指標2つ。


@債務償還年数
A自己資本比率





本日は、A自己資本比率について書こうと思います。


自己資本比率 = 自己資本 ÷ 総資産


6238thjkalh75.jpg




自己資本比率を高める方法は2つしかありません。

『自己資本を増やす』『総資産を減らす』です。


自己資本を増やすには、毎年度純利益の積み重ねで時間がかかります。
一方、総資産は無駄な資産を処分すれば一気に減らすことが可能。


計算式を見れば当たり前のことなのですが、事業規模を追求ばかりしていれば、無駄な資産が発生しがち。

無駄な資産をB/Sから外すことで、自己資本比率を劇的に改善できます。


・過剰な借入金(とりあえず借入れ)
・数千万円する社用車
・使用していない(もしくは収益性の低い)高額設備

等々



チリも積もれば山。
様々な項目を見直して総資産を減らすことで自己資本比率の改善が可能です。




金融庁から各金融機関に様々な通達が出ています。

例えば、昨年9月の通達『金融モニタリング基本方針』では、過剰な担保や個人保証をやめるような内容になっています。


取引金融機関との良好な取引を保つためにも、金融庁HPの定期的な確認をおすすめします。



posted by ゴン at 21:00 | Comment(0) | 融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする