トモニと大正銀行が経営統合へ

2015.04.06



また1つ、地銀が経営統合するようです。


トモニと大正銀行、経営統合の方針…広域地銀へ
読売新聞 4月6日(月)配信



第二地方銀行の香川銀行(高松市)と徳島銀行(徳島市)を傘下に置くトモニホールディングス(HD)が、三菱UFJフィナンシャル・グループ系列の第二地銀、大正銀行(大阪市)と、2016年春にも経営統合する方針を固めたことがわかった。


実現すれば、関西と四国にまたがる広域の地域金融機関が誕生する。

全国の第二地銀グループでは6番目の規模になる見通し。
今後も再編が続きそうだ。


トモニHDと大正銀は6日朝、「経営統合を検討しているのは事実」との談話を出した。

トモニHDは統合によって大正銀行を100%子会社化する考えだ。


連結総資産は単純合算で約3兆2600億円(14年3月末時点)となる。


人口減などで地銀や第二地銀の経営環境は厳しさを増しており、金融庁も再編の検討を促している。

最近では、横浜銀行(横浜市)と東日本銀行(東京都)が14年11月に経営統合の検討を発表したほか、肥後銀行(熊本市)と鹿児島銀行(鹿児島市)は3月、経営統合することで合意した。





昨年、金融庁は四国3県5行に対して、異例の一斉検査を行っていました。

この結果は・・・、ある意味金融庁による圧力!?

他の中小地銀にも経営統合の波が押し寄せそうです。




ところで、大正銀行の由来。
大阪市大正区とは全く関係ないそうです^^;

大正時代創業で「大きく、そして正しく伸びていきたい」という理念から名付けられたとか。


大正11年に関西住宅組合建築として創業した大正銀行。
今も住宅関連の融資に強みを持つので、取引している方も多いと思います。


経営統合後も期待したいですね。



posted by ゴン at 22:17 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする