大阪モノレールの延伸

2015.07.22



大阪の鉄道延伸計画。
また1つ動き出しそうです。


大阪モノレール9キロ延伸計画、府と東大阪市合意へ
朝日新聞デジタル 7月22日(水)配信



大阪モノレール(大阪空港―大阪府門真市)の延伸計画で、府と東大阪市が負担額について大筋で合意し、今年度内にも事業化を決めることになった。

東大阪市は府との協議で、66億円を市で負担する案を検討。

今後、70億円程度を上限に、最終調整を進める。

松井一郎府知事と野田義和東大阪市長が22日午後に会談し、正式に発表する。


大阪モノレールは府の第三セクター「大阪高速鉄道」(OKT)が運行する。延伸計画は、現在の終点の門真市駅から、東大阪市瓜生堂(うりゅうどう)まで南に約9キロ。

大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線やJR学研都市線、近鉄奈良線などと接続させるために4駅を新設する。


延伸の総事業費は約1050億円で、国やOKTの負担分を除く約333億円を府と東大阪市などで負担。

府は今後、大阪市など他の沿線自治体とも協議する。着工は2018年以降となる見通しだ。






大阪モノレールの延伸検討ルート




AS20150722001496_comm.jpg




意外と知られていませんが、、、
大阪モノレールは、日本最長で、2011年に中国の重慶軌道交通3号線が開業するまでは、ギネス世界記録でも認められた世界最長のモノレールでした。


重慶軌道交通3号線は総延長39kmなので、大阪モノレールが9km延長しても及びませんが、東大阪や奈良の住民にとってはかなりメリットのある延伸。

伊丹空港へのアクセスが良くなります。


完成がいつか分かりませんが、不動産需要動向的にも楽しみな新線です。



posted by ゴン at 22:20 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする