人工芝カー

2015.10.01



人工芝。
最近、様々な場所で活用されています。


芝の管理のわずらわしさから、一戸建の庭にも使われていたりします。



先日、マンションのベランダに使ってみましたが、思いのほか良かったです。



2015.06.24 「ベランダ緑化」





しかし、






この使い方は思いつきませんでした。
(ネットより)



img_3.jpg



9efc00af.jpg



a8172831e1.jpg



「人工芝カー」




接着剤でつけているのだとか。
この車で日本一周している方もおられるようです。

エコな感じはしますね^^



タグ:人工芝
posted by ゴン at 21:50 | Comment(0) | 車・キャンピングカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新電力に切り替えへ

2015.10.02



電力小売りの自由化。
最近、ニュースで報道される機会が増えてきました。




「電力小売自由化」

平成12年3月21日より、特別高圧を対象に開始。
平成17年4月1日より、高圧で供給を受ける全てで電力小売が自由化に。


現在、高圧+契約電力50kW以上であれば新電力への切り替えが可能です。


一般家庭でも、2016年4月以降に新電力から電気を買えるようになります。




slct_group@2x.png




市場規模7.5兆円。
もちろん、各所有物件でも好きな電力会社が選べるようになります。




どのぐらい安くなるのか?

高圧で受電している所有物件で、試しに見積もりを数社から取ってみました。







結果、約8%ほど安くなる提案をした会社がありました。


該当物件は電気代を年間約100万円払っているので、8万円安くなる計算に。
小さい金額ですが、何もしなくても安くなるならメリットです。


早速、関西電力から新電力に切り替える方向で話を進めています。




現在の新電力各社。
電力供給能力不足により、全ての申し込みに対応していないと思われます。


実際、今回の見積依頼した新電力事業者の一部に断られました。
契約電力100〜200kW以上でないとメリットが無いとの回答が多かったです。



大手の新電力会社は、高圧・低負荷の需要家申込みを優先しているようです。


fukaritsu@2x.png




いずれにしても受けて頂けるところがあって良かったです。
切り替え交渉が進んだらまた書きたいと思います。



posted by ゴン at 21:40 | Comment(0) | 14.大阪マンション2号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防犯カメラの設置

2015.10.03



マンション共用部の管理に絶大な効果を発揮する防犯カメラ

昨年から順次、各所有物件に導入を進めています。

昨年までに3棟、今年になって2棟で導入。
残りの各物件も導入検討を進めています。



最近はクラウド型カメラが増え、イニシャルコストが安くなりました。

しかし、当方が採用しているのは、HDD+有線カメラタイプ。
ネット環境を整備して、遠隔監視対応にしています。


クラウド型に比べ高コストですが、信頼性が高く、複数台のカメラで監視する場合に運用上管理がしやすいです。



ところで、多くの市町村で防犯カメラの設置費用を補助する制度があるのをご存じでしょうか?


例えば京都市。
今年は終了しましたが、設置費用の1/3を補助してくれます。




EPSON001.JPG




賃借人様の防犯意識も高まっているので、こういった補助制度を有効に活用して導入したいところです。



posted by ゴン at 21:10 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駅近の100坪が980円!?

2015.10.04



地方の二極化。深刻です。



駅近の宅地、980円で販売 定住促進へ2団地計9区画
朝日新聞デジタル 10月3日(土)配信



北海道深川市が住宅団地内の市有地を対象に、1区画980円という超格安価格の宅地販売を始めた。

新手の定住促進策で全9区画。

1年半以内に住宅を建てて住民登録することを条件に、市民も市外の人も申し込むことができる。


売り出したのは道央自動車道・深川インターチェンジに近い同市音江町の緑が丘団地2区画と、JR納内駅そばの「ビオス四季の里」7区画。

1区画は100坪(約330平方メートル)前後で、多少の面積の違いはあるが、一律に980円とした。

市によると、固定資産税評価額で82万〜124万円の宅地という。


人口減が続く同市はこれまで移住体験ツアーや移住者への商品券贈呈などの定住促進策をしているが、大きな成果は得られていない。

一昨年度に解散した市土地開発公社が売り出しながら買い手がつかなかった宅地を、定住の呼び水に活用することにした。


30日まで申し込みを受け付け、複数の希望者があった場合は抽選で決める。

契約時に保証金40万円を預かり、住宅建設などが確認されれば返却する。






ビオス四季の里




uo2pli000000tzn7.jpg




980円にも驚きましたが、駅近約100坪の固定資産税評価額が82万〜124万円というのは都市部では考えられないぐらい安いです。


タダでもいらない土地。
全国的に今後ますます増えていきそうな感じですね。



posted by ゴン at 23:00 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする