新電力に切り替えへ

2015.10.02



電力小売りの自由化。
最近、ニュースで報道される機会が増えてきました。




「電力小売自由化」

平成12年3月21日より、特別高圧を対象に開始。
平成17年4月1日より、高圧で供給を受ける全てで電力小売が自由化に。


現在、高圧+契約電力50kW以上であれば新電力への切り替えが可能です。


一般家庭でも、2016年4月以降に新電力から電気を買えるようになります。




slct_group@2x.png




市場規模7.5兆円。
もちろん、各所有物件でも好きな電力会社が選べるようになります。




どのぐらい安くなるのか?

高圧で受電している所有物件で、試しに見積もりを数社から取ってみました。







結果、約8%ほど安くなる提案をした会社がありました。


該当物件は電気代を年間約100万円払っているので、8万円安くなる計算に。
小さい金額ですが、何もしなくても安くなるならメリットです。


早速、関西電力から新電力に切り替える方向で話を進めています。




現在の新電力各社。
電力供給能力不足により、全ての申し込みに対応していないと思われます。


実際、今回の見積依頼した新電力事業者の一部に断られました。
契約電力100〜200kW以上でないとメリットが無いとの回答が多かったです。



大手の新電力会社は、高圧・低負荷の需要家申込みを優先しているようです。


fukaritsu@2x.png




いずれにしても受けて頂けるところがあって良かったです。
切り替え交渉が進んだらまた書きたいと思います。



posted by ゴン at 21:40 | Comment(0) | 14.大阪マンション2号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする