オリンピックと財政

2015.11.01



1980年 モスクワ(ソ連)
1984年 ロサンゼルス(アメリカ)
1988年 ソウル(韓国)
1992年 バルセロナ(スペイン)
1996年 アトランタ(アメリカ)
2000年 シドニー(オーストラリア)
2004年 アテネ(ギリシャ)
2008年 北京(中国)
2012年 ロンドン(イギリス)
2016年 リオデジャネイロ(ブラジル)


わかりますよね?^^

過去のオリンピック開催都市です。




開催国財政との因果関係を語る評論家がいます。


・モスクワ開催11年後の1991年、ソ連崩壊
・ソウル開催9年後の1997年、通貨危機(国家破綻の危機)発生
・バルセロナ開催後、スペイン経済は景気悪化
・シドニー開催後、オーストラリア経済成長率が鈍化
・アテネ開催6年後の2010年、ギリシャ発の欧州信用不安を招く
・北京開催後、ここ数年のGDP成長率が鈍化



オリンピックを開催した各国は、経済大国アメリカを除いて、開催後数年から10年程度で国家に深刻な問題を引き起こしています。



下記データ(開催前後3年間)でも明らか。
アトランタ(アメリカ)以外は綺麗に下がっています。




96958A96889DE6E7E7EBE0EBE6E2E1E3E2EAE0E2E3E085E3E6E2E2E3-DSXDZO4559293031082012W14001-PB1-21.jpg




この法則に則ると、、、今注目されるのは中国。


中国の本当のGDP成長率はプラスどころかマイナス、という専門家もいます。

中国経済の実態が表面化すれば、中国発の金融危機がリーマン・ショック以上の規模で勃発すると言われています。



当然、隣国日本にとっては多大な影響があります。

リーマン・ショック直後、
2008年10-12月期のアメリカのGDP成長率はマイナス5・4%。

このとき日本は、実にマイナス10・2%という大幅な落ち込みでした。

2009年〜2010年頃の日本の不動産価格にも大きな影響を与え、不動産会社やREITが破綻しました。




今年は北京オリンピック開催から7年目

この先、過去の歴史に従う結果となるのかならないのか。

今後の中國経済に注目ですが、高騰する不動産市場を傍観している立場としては、一度、ガツンと価格調整が来てほしいところです。



posted by ゴン at 19:30 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テナント退去連絡と内覧

2015.11.02



あっという間に11月になりましたね。

今年もあと2カ月。早いものです。



さて先月末、大阪市ビルの1Fテナント様から退去連絡がありました。

市内で複数店を出店するドミナント戦略の事業者様なのですが、今回、別地域で新たに出店するために、商圏が他店と少しかぶっている本物件から撤退するとのことでした。

残念ですが経営判断ですので仕方ないです^^;



6か月前予告で来年4月退去予定。

まだ先なので、来年になったら本格的に募集活動に入ろうかなと思っていた矢先、、、地場の不動産業者様から内覧の問い合わせがありました。


まだ募集も開始していないのにどこから情報が???といった感じでしたが、今回の退去者様から情報を聞かれたようです。




内覧希望者様の具体的な情報をお聞きしたところ、なんと、問い合わせしてきた不動産業者様自身が入居したいとのこと。


なんでも現在は空中店舗での営業で、1Fに引っ越したいとのことでした。
現在の営業場所を伺うと、向い側ビルに入居されていることがわかりました。



全く悪い話ではないと思いますが、
不動産業者様と聞いただけで、意味なく身構えてしまいますね^^;



まずは、後日、内覧頂く予定です。
条件等、詳細をお聞きしてみようと思います。



posted by ゴン at 22:00 | Comment(0) | 8.大阪市ビル1号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォーム工事ほぼ完成

2015.11.03



先日退去になった京都マンションの2室。
現在リフォームを行っています。

ほぼ完成が近づいてきました。


居室は、今までやったことないクロス貼り分けをしてみました。




DSC_0250.jpg



DSC_0243.jpg




鮮やかな赤や金色を採用。
壁1面を縦に貼り分けてみました。

真ん中のクロスデザインをサンドイッチしたデザイン。
ここにベッドを置いてもらうことをイメージしています。


内覧時のインパクト、それなりに出せたかな!?




その他、水廻りも色々とチャレンジしています。

追ってブログに書いてみたいと思います。



posted by ゴン at 20:30 | Comment(0) | 23.京都マンション1号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする