アパート空室率 首都圏で急上昇

2016.06.01




今朝の日経新聞朝刊。
記事を見て驚いた方多いと思います。


首都圏の空室率、急上昇しています。
首都圏に限らず、全国的にも同様のデータが出ています。



アパート空室率 首都圏で急上昇 相続税対策で建設増え
2016/6/1 日本経済新聞 朝刊



首都圏のアパートの空室率が悪化している。

不動産調査会社のタス(東京・中央)が31日発表した統計によると、3月の神奈川県の空室率は35.54%と2004年に調査を始めて以来、初めて35%台に上昇した。

東京23区や千葉県でも空室率の適正水準とされる30%を3〜4ポイントほど上回っている。

相続税対策でアパートの建設が急増したものの、入居者の確保が追いついていない。


96959999889DE2E1E2E6EAE1E5E2E1E3E2E7E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO0304838031052016TI5000-PB1-1.jpg





アパートは木造や軽量鉄骨で造られた賃貸住宅で、空室率は入居者を募集している総戸数のうち空いたままの住戸の割合を示す。

不動産会社のアットホームのデータなどをもとに算出した。

東京23区の空室率は33.68%。

15年9月から6カ月連続で過去最悪の水準を更新した。

千葉県でも34.12%と過去最悪の更新が3カ月続いている。

埼玉県は30.90%、23区以外の都内は31.44%と比較的安定した水準だ。


首都圏でアパートの空室率が急速に悪化したのは15年夏ごろ。

15年の相続増税にともない「アパートの建設需要が盛り上がり、空室率が急速に悪化した」(タス)。

アパートの建設費用は家賃収入で賄うのが一般的だ。

空室率が高いと想定した賃料収入に満たず、多額の建設費用をオーナーが抱えるリスクがある。


アパートの開発事業者は旺盛な建設需要に押されて営業活動に引き続き力を入れている。

住友林業は全国の支店の営業・設計業務を支援するチームを4月に設立。

大東建託は営業人員を20年に約4千人と16年と比べて1割強増やす計画だ。







ハウスメーカーはさらに戦闘態勢のようですね。。。


しかし、上記の表はかなり作為的。
縦軸の空室率を28%〜36%で作っています。

記事をわかりやすく補完するためとは言え、
統計データの見せ方としては主観的すぎますネ^^;




余談はさておき、これは全国的な傾向。

ただ新築物件を建てておけば満室になる時代は終わりました。



他人と同じ投資法だとレッドーオーシャンだし、そもそも面白くありません。


ライバルのいない(もしくは少ない)市場や顧客にターゲットを絞り、ブルーオーシャンで不動産賃貸業に取り組みたいですね。



marketing4.jpg




最近はそんな不動産賃貸業を心がけています。



posted by ゴン at 22:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終わりがまだ見えない大規模改修工事

2016.06.02



4月から大規模改修中の札幌マンション5号。

外壁改修は順調に進んでいます。



一部破損していた外断熱パネルを交換し、目地シーリングも全て打ちかえ。




009.jpg




外壁塗装のデザインパースも完成。

これを元に最後の塗装工程に入っています。




一方、問題なのがエレベーター増築工事。


書けば長くなるので割愛しますが、、、
検討開始から3か月以上経過しながら、いまだ確認申請を提出できてません。


2016.04.07 「エレベーター増設」




当然、確認申請が下りないとEV増築工事は開始できません。
借主様への引渡期日が迫る中、時間との勝負になってきました。



上手くいくのか。。。

ハラハラの日々です。



posted by ゴン at 21:50 | Comment(0) | 24.札幌マンション5号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅にジム リフォーム提案

2016.06.03



リフォーム業界も競争が激烈。
大手会社が新しいリフォーム提案をするようです。



積水化学、小型ジムを自宅に セントラルスポーツと提案
2016/6/3 日経新聞朝刊




積水化学工業は2日、フィットネスクラブ大手のセントラルスポーツと共同で、高齢者の健康維持に役立つ運動器具や設備を取り入れた住宅リフォームの提案を8月をメドに始めると発表した。

まず首都圏で一般のマンションや戸建て向けに提案する。


室内に1〜2坪(3.3〜6.6平方メートル)の運動場所「うちジム」を設ける。

天井からぶら下げる運動器具やロープなしで壁をよじ登る「ボルダリング」用の壁、鏡などを設ける。

自転車型運動機器も用意する。

膝に負担をかけず、近所迷惑にもならないよう軟質で遮音性の高い床材を使う。


戸建ては庭にうんていや運動用の踏み石、段差も整備可能。

改修費用は約50万〜150万円で、年100件の受注を目指す。

セントラルスポーツは運動継続を助ける動画をインターネットで配信し、同社施設を割引価格で開放。

利用券も配る。






ジムに通っている方。
最近は非常に多いです。

そんな需要をリフォームに取り込もうという作戦ですね。



こんなイメージ?




201207071743_1.jpg





賃貸物件の共用スペースで採用で来たら面白いですね。

ただ、怪我するリスクを考えると、、、
管理者(貸主)としては導入が難しいのかな。。。



posted by ゴン at 23:59 | Comment(0) | 収益物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リードフック

2016.06.04



ペット可賃貸物件。


最近は珍しくもない条件。
差別化とは言えなくなりましたね。




ただし、同じペット可物件でも設備には大きな違いがあります。


普通の賃貸物件をそのままペット可にした物件。
新築時から設計してペット用足洗い場等を整備した物件。

等々。



使い勝手に大きな違いがあります。



では、後からペット可に転用した物件は競争力が劣るのか。
そんなことはありません。できることはあります。



たとえば玄関横のリードフック。

これならすぐに設置可能ですね。




DSC_0298.jpg




価格も2000円程度。

ちょっとしたひと手間が他物件との差別化に繋がります。
努力を惜しまないことですね。


posted by ゴン at 21:00 | Comment(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする