今日は『不動産の日』

2016.09.23



今日は平日。
シルバーウィークの中日ですね。


でも不動産にとっては大切な記念日!?なんです。






今日は「不動産の日」なんです。


「ふ(2)どう(10)さん(3)」の語呂合せから23日に。

では、なぜ9月なのか!?


秋は不動産取引が活発になる時期だから、だそうです^^;


全国宅地建物取引業協会連合会が1984(昭和59)年制定。



水曜日は水に流れるから休みが多いのも有名ですね。
不動産業界は語呂合わせが好きです。




ちなみに、、、
4月1日はエイプリルフールだけでなく、不動産表示登記の日。


1960年4月1日。
「不動産登記法」が改正されたのにちなんでいるそうですよ。



posted by ゴン at 22:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人工知能(AI)の世界

2016.09.24



グーグルが開発したAI「AlphaGo(アルファ碁)」。

韓国のプロ棋士イ・セドル氏と韓国で相まみえた五番勝負は、イ・セドル氏が第四局で一矢を報いたものの、4勝1敗でAlphaGoの圧勝に終わったニュースを知っている方多いと思います。


遠い世界のように感じますが、、、
このAIが、近い将来、劇的な変化をもたらすと予想されています。




オックスフォード大学のマイケル・オズボーン准教授が発表した論文。


『今後10〜20年で47%の仕事が機械に取って代わられる』



アメリカの別の研究者は、
『2030年までには週15時間程度働けば済む』と言っています。




機械が奪う職業ランキング(米国)の上位15位を抜粋

1. 小売店販売員
2. 会計士
3. 一番事務員
4. セールスマン
5. 一般秘書
6. 飲食カウンター接客係
7. 商店レジ打ち係や切符販売員
8. 箱詰め積み降ろしなどの作業員
9. 帳簿係などの金融取引記録保全員
10. 大型トラック・ローリー車の運転手
11. コールセンター案内係
12. 乗用車・タクシー・バンの運転手
13. 中央官庁職員など上級公務員
14. 調理人(料理人の下で働く人)
15. ビル管理人


引用:ダイヤモンドオンライン






衝撃的な論文。
遠い未来の話ではありません。10年先の話です。



不動産賃貸業の未来。

人口減少だけがよく言われていますが、
賃貸業に与えるインパクトはAIの方が大きいかも。。。




ただし、新しく生み出される職業も。

悲観ばかりする必要はありませんが、今までやってきた賃貸業の意識のままでは、負け組に入ることは確実と思います。



差別化の中にもたくさんのキーワードがあります。
この先、大家さんの選別が始まる、ぐらいの気概で取り組みたいですね。



posted by ゴン at 20:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金の知識ランキング

2016.09.25



お金の知識ランキングという記事を読みました。



都道府県別「お金の知識ランキング」トップ10 最下位は「山◯県」
ZUU online 9月22日(木)配信



金融広報中央委員会が2016年2月29日から3月17日にかけて、全国の18歳から79歳の個人2万5000人を対象に行った「金融リテラシー調査」は、個人の金融リテラシー、言い換えれば「お金の知識・判断力」の現状を把握することを目的とするアンケート調査だ。

調査に用いられた設問は、家計管理や生活設計、金融知識など計8つの分野について、「金融知識・判断力」に関する正誤問題と、「行動特性・考え方等」に関する問題とを組み合わせてある。

また、約半数の設問は、米国の金融業界監督機構や OECD などの海外機関による同種調査と比較できるように工夫されているという。



■都道府県別の正答率トップ10

調査設問に対する正答率を都道府県別にみると、60.5%から48.7%にかけて分散している中、トップ10は次の通りだった。

数字は左から、正答率、(全国平均を100とした場合の指数)、金融知識に関する自己評価、(同指数)の順で、一番右が正答率の指数から自己評価の指数を差し引いた値になっている。また、割合の単位はすべて%だ。


1位 奈良県  60.5 (108.8)  40.9 (102.0)  6.8
2位 香川県  59.4 (106.8)  42.8 (106.7)  0.1
3位 京都府  58.2 (104.7)  40.0 (99.8)   4.9
4位 岡山県  58.0 (104.3)  40.5 (101.0)  3.3
5位 鹿児島県 57.9 (104.1)  40.0 (99.8)   4.4
6位 福井県  57.7 (103.8)  40.9 (102.0)  1.8
7位 長野県  57.4 (103.2)  40.5 (101.0)  2.2
8位 静岡県  57.3 (103.1)  40.4 (100.7)  2.3
9位 岐阜県  57.2 (102.9)  42.1 (105.0) ▲2.1
10位 徳島県  57.0 (102.5)  39.5 (98.5)   4.0

正答率と自己評価の差にはバラツキはあるものの、9位の岐阜県以外は正答率の方が高くなっている。



■都道府県別の正答率ワースト10

一方、ワースト10となったのは次の通りだ。正答率が自己評価よりも低い傾向にあることが顕著に読み取れる。


47位 山梨県  48.7 (87.6)  37.7 (94.0)   ▲6.4
46位 沖縄県  51.3 (92.3)  37.1 (92.5)   ▲0.3
45位 山形県  51.6 (92.8)  41.3 (103.0)  ▲10.2
44位 青森県  51.7 (93.0)  41.3 (103.0)  ▲10.0
43位 鳥取県  52.5 (94.4)  41.7 (104.0)  ▲9.6
42位 長崎県  52.5 (94.4)  38.7 (96.5)   ▲2.1
41位 福島県  53.6 (96.4)  41.0 (102.2)  ▲5.8
40位 宮城県  53.7 (96.6)  37.8 (94.3)    2.3
39位 佐賀県  53.7 (96.6)  38.4 (95.8)    0.8
38位 大阪府  54.1 (97.3)  40.6 (101.2)  ▲3.9



(中略)



ちょっと意外に思われるのが、「甲州商人」で知られる山梨の金融知識が全国で最下位になっていることだ。

この背景として、山梨では地域や職場に広がる無尽の仲間を頼りにする傾向があることを指摘する向きもある。

金融商品の知識がなくても、仲間の強いつながりでやっていける風土だというわけだ。実際、山梨では株などの金融商品を購入した人の割合も、かなり低くなっている。

(ZUU online 編集部)






関西だと奈良や京都が上位。
大阪はなぜか下位です。


あくまで平均値データであって、個々の能力とは全く関係ありませんが、なぜこのような傾向なのか?


山梨県の様な解説が欲しいところです。
ちょっと興味あります。



タグ:お金
posted by ゴン at 22:40 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする