いけず石

2017.01.24



『いけず石』
ご存じでしょうか?



敷地境界を誇示するように設置された石のことです。




ujt7itbnk.jpg




全国各地にありますが、圧倒的に多いのが京都市。


京都は碁盤の目のように街が形成されています。


狭い路地が多く、きゅうくつな交差点を車でまわることもしばしば。
その際、角の私有地にタイヤが乗り上げてしまうこともあります。


ただし、土地所有者にとっては面白くありません。


そこで登場するのがいけず石です。



私有地なのですから、石であろうがなんであろうが置くのは自由。

仮にいけず石によって車を傷を付けてしまっても、悪いのはドライバー。
勝手に私有地を通って自爆した、との理屈です。




最近は石以外の材質も。




ewsxcdtvf7ki8.jpg




いけず石は、京都人気質を表しているのでしょうか。


「こんな狭い道に大きな車はあきまへんえ〜」
「これ以上敷地に寄ると車に傷がつきますえ〜」

という親切心!?を角が立たないように表現。



しかし、本心は、、、
「我が家の大事な建物を傷つけんといてや〜」ですね。






これ、京都に限らない感覚かな。。。^^;



posted by ゴン at 21:40 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする