オーナーのやる気は入居率に反映される!?

2017.03.14



過去に売却した所有物件。


その後、どうなっているのか。
気が向いたときに定期的に確認しています。



久しぶりに確認してみました。

1棟モノの中から一部を抜粋して書いてみます。




・長崎アパート(2015年売却)

 購入者様:はじめて収益物件をご購入


 現状:入居率75%、家賃変動ゼロ
 家賃の下落はありませんが、入居率が落ちています。




・兵庫マンション(2013年売却)

 購入者様:かなり遠方の国家公務員
 (某4.5%借入で購入。たぶん現地も見たことなく管理会社丸投げ)


 現状:入居率83%、家賃変動マイナス20%
 家賃が約20%も下落。にもかかわらず入居率がいまいちです。




・千歳アパート(2015年売却)

 購入者様:管理会社の担当者
 (ご本人がそのまま自主管理)


 現状:入居率100%、家賃変動ゼロ
 購入後、入退去もなく全く変化がない状態とか。




こうやって見ると傾向がわかりやすいですね。

やる気のない所有者の物件は、成績が良くないです。




管理会社の担当者様もよくおっしゃっています。

「オーナーのやる気が物件に反映されている気がする」


何百何千と管理を担当しておられる方のご意見は重いです。

管理会社の担当者様は各物件同じように管理しています。
それでもオーナーのやる気度合いで入居率に差が出るような気がするとか。



オーナーは、入居者様のために常に住環境の改善や建物の維持を考える。
その結果として、、、所有者(所有物件)の収益も向上する。


精神論でなく実際にそうなんだろうなと思います。


「気」は物件にも伝わる。



自主管理も管理委託も関係ありません。

物件に対する「オーナーの想い」が一番重要なのかもしれないですね。




人気ブログランキングへ




posted by ゴン at 21:45 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする