民泊新法 「京都」の対応

2017.03.23

 

10日に閣議決定された民泊新法案。


届け出制で民泊が営業できるようになりますが、営業日数は上限180日で、さらに、各自治体が条例で地域を定めて日数を制限できるとなっています。



20170311085858minpaku450.jpg




京都市の門川大作市長。

「集合住宅で管理組合が許可しない民泊は、京都の街になじまない。条例をつくる場合には工夫が要る」と発言しています。



京都市は相変わらず民泊に厳しいですね。 


平成29年度からは取り締まりの一部を民間委託。
京都市職員も110人態勢で指導に臨むそうです。



全国的には京都市以外だと、大阪市、札幌市で民泊通報窓口を設置。



20161028181643.png


20160719060815.png


20170208093829.png




民泊新法が施工されるまでの空白期間。

紆余曲折が続きそうですね。




人気ブログランキングへ




posted by ゴン at 22:15 | Comment(0) | 民泊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする