耐用年数の考え方

2017.05.19



『法定耐用年数』

不動産ではよく出てきますね。



RC47年、鉄骨34年、木造22年、等々。

この辺りはほとんどの方が問題なく理解されていると思います。


減価償却費は税金をコントロール出来る重要な要素です。



建物本体と設備に分けてることで、償却期間を短くできたりもします。

その際に、難しいのが耐用年数の算出




専門書には様々な事例が書いてあります。



防犯カメラ導入




img001.jpg




LAN設備導入




img002.jpg




固定資産、一括償却資産、少額減価償却資産、そして「経費」。

特例も含め、それぞれを組み合わせて税金は計算されます。



税務を知っていると知らないでは大きな違いも生まれます。




例えば下記の一例。


30万円未満の特例を適用し全額経費として計上した場合。

その資産は償却資産税の対象となり、課税標準に対して1.4%の税額が除却するまでかかり続けます


あえて、、、
3年均等償却を選択することで、償却資産税を節税することができます。






税金の基礎知識って事業の存亡にも関わるほど大事だと思います。




人気ブログランキングへ



posted by ゴン at 23:50 | Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする