仲介手数料改正へ

2017.11.20



『仲介手数料改正案』


ひっそりと?、、、
議論されているのをご存じでしょうか?



空き家取引活性化へ仲介手数料の上限緩和 
国交省が告示改正を検討

2017.6.5 産経ニュース




plt1706050006-p1.jpg




国土交通省が比較的価格の低い空き家の不動産取引について、仲介手数料の上限規制を緩和する方向で検討に入ったことが4日、分かった。

空き家取引に特有のコスト負担を考慮し、仲介手数料の上限を定めた国交省の告示を改正する。

今後も増え続ける空き家の有効活用に向け、不動産事業者の仲介取引を活性化させる狙いがある。


不動産取引の仲介手数料は売買価格に応じて上限が定められるため、築古の物件も多い空き家は一般的に仲介手数料が安い。

扱う物件が遠方の場合は現状調査のコストもかかり、成約率も低いなど、労力に見合った報酬が期待できず、仲介事業者が空き家の取り扱いを敬遠する傾向がある。


現行の仲介手数料(税抜き)は
(1)物件価格が200万円以下=価格の5%
(2)200万円超から400万円以下=価格の4%+2万円
(3)400万円超=価格の3%+6万円。

告示改正では400万円以下の空き家取引を対象に、現状調査などの必要経費分を空き家所有者との仲介手数料の上限に加算できる案が有力だ。


一方で過度の上乗せを防ぐため、仲介手数料との合計が18万円を超えないようにする方向で調整を進める。

(以下省略)







現在、パブリックコメントを募集中。

早ければ12月中に公布、2018年1月から施行だとか。




空き家問題を解決するための報酬アップが大義名分。


確かに、地方を中心に「タダ同然」の空き家が増えているのは事実。

500万円以下は扱わない、という大手仲介さんもおられます。








しかし、元々低価格帯を取り扱わなかった仲介さんが、
この程度の金額アップで取り扱うとは思えないんですけどね^^;



そもそも物件自体が売れる見込みないと、
いくら報酬が多少増えても仲介さんは動かないと思います。



低価格帯戸建賃貸投資法にとってはデメリットでしかないですね^^;




人気ブログランキングへ



posted by ゴン at 22:10 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする