頭がいい人をおやめなさい

2017.12.16



日本経済新聞が20代リーダーに今読んでほしい「イチオシ」を紹介するコラム

「若手リーダーに贈る教科書」に紹介されていました。




「頭がいい人をおやめなさい」








90歳現役の著者が説く、思いのままに生き、働く知恵とコツ



自分がいいと思ったことは、誰が、何を言ってもやりなさい――。
60年以上のキャリアを誇る人材コンサルタントの著者。

数多くの職業人生の歩みを目の当たりにした経験から、
後悔しない生き方、満足のいく働き方を説く。
人生の大先輩が発する金言は、今を生き、未来に不安を持つ私たちに、
多くの示唆と勇気を与えてくれます。



・頭がいい人より、勘のいい人のほうが役に立つ。
・会議では、三人目くらいに発言なさい。
・上役との論争も結構、でも最後は相手の言葉で収めなさい。
・他人の悪口や陰口は気にせず、やりたいことをやりなさい。
・理屈で勝てなくても、言い分が通れば、それでよし。
・厳格なリーダーを目指すより、気楽に話せる人になりなさい。
・若者から学びなさい。







現在、93歳の現役コンサルタント。

著者の教えと知恵が満載です。




著書内にある、

『失敗して後悔するよりも、
失敗を恐れてやりたいことから目を背けるほうが後悔は強くなる』


『力がないのではなく、失敗が怖いのだ』



この言葉に要約されているのでしょう。




人気ブログランキングへ



posted by ゴン at 23:20 | Comment(0) | おすすめ書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ため池」を収益目的で買う

2017.12.17

 

ため池がある土地。

たまに売りに出ているのを目にしますね。



近年、農地がどんどん少なくなり、ため池の利用価値が無くなって売りに出ているのだと思います。

維持管理費も高いと聞きますし、、、



所有者が市町村の場合は公売に出ています。

場所が良ければ、宅地販売用に不動産屋さんの購入が多いと思います。







逆に、立地が悪ければ、、、最悪。


当たり前ですが、どこも買わないので売れ残りますよね^^;





以前、市が持つ雨水調整池を太陽光発電所用に貸し出すニュースをみました。


水上式の発電施設を設置し、事業展開する企業向け。

貸付期間は20年で、料金は1uあたり100円でした。




売れないなら「賃貸で」と言うことでしょうか。



当時、色々と調べましたが、水上式の場合、規模がないと採算が合いません。

密かに?検討しましたが断念しました。





本日、別の市町村でため池を賃貸契約したというニュースをみました。



発電用に ため池賃貸 新たな収入源 
事業者と20年契約 岡山市の土地改良区

12/17(日) 日本農業新聞



岡山市の浦安土地改良区は、所有する農業用ため池を太陽光発電事業を手掛ける企業に貸し出した。

約9ヘクタールの水上に約3万3000枚の太陽光パネルが並ぶ。

農業用ため池を活用した水上設置型メガソーラーとしては、国内有数の規模となる。

20年契約の賃借料を新たな収入源に、農家の賦課金に頼らない運営を目指す。


(中略)


水上にパネルを置くことで冷却効果があり、地上や屋根に置く場合よりも発電効率が高いとされる。


(以下省略)






ため池の維持管理費が賃料でまかなえ、利用者は太陽光発電の場所を確保。

Win-Winの関係ですね。




「ため池」を投資物件として検討する。



逆転の発想。

面白いですね^^




人気ブログランキングへ




posted by ゴン at 23:00 | Comment(0) | 収益物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年度税制改正大綱

2017.12.18



平成30年度税制改正大綱が発表されました。

報道では、法人税や所得税の改正、国際観光旅客税創設などが多くピックアップされています。



あまり報道されませんが、
我々に関連する、不動産分野(相続税)をピックアップしてみました。




@小規模宅地の特例の厳格化


詳しくは長くなるので割愛しますが、家なき子への適用が厳格化されました。


「家なき子特例」は、週刊誌や新聞に掲載される有名な節税スキームでした。

今回、この部分にメスが入った格好です。




A登記代(登録免許税)の免税


相続人の負担を軽くするため、平成30年4月1日から平成33年3月31日までの3年間の時限立法で、免税措置が取られます。




B一般社団法人設立による節税スキームにメス


以前ブログ記事にしました。 2017.08.29 「一般社団法人を活用する」




租税回避を目的としたスキームはいずれ必ず塞がれるということです。


また新しい租税回避スキームが出るんだろうな。。。




その他詳細は、税制改正大綱を是非ご確認ください。



賃貸業と税制の関係。

とても重要です^^




人気ブログランキングへ




posted by ゴン at 22:55 | Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする