京町家バブル崩壊

2018.01.07



京都にある京町家。




fiuxejhgwojho.jpg





築年不詳、古くて味のある建物が市内には数多く残されています。



空き家等のままで活用されていなかった京町家。


ここ数年、
簡易宿所に用途変更して新たに開業する宿泊施設が爆発的に増えました。




理由は明確。

細長い京町家は、延べ床面積100u以下の建物が多いです。



延べ床面積100u以下の建物は、建築基準法にかかる確認申請が不要

この抜け穴が追い風になり簡易宿所の新規開業が爆発的に増えました。



街を歩けば、京町家の宿泊施設が激増しているのがわかります。




結果として、地域住民からのクレーム数も激増。

利回り重視の投資家は、住民生活へのトラブル対応を後回しにしがちなのが原因だと思います。





京都市は17年に入り、町家の多くで許可取得を難しくしたようです。



さらに昨年12月。

市内約2千軒の簡易宿所すべてを調査するための補正予算を付けました。



指導の徹底が目的です。







結果、売り逃げ物件が増えています。


「旅館業許可済み物件」として売り出されている町家のなかには、すでに違法建築として行政指導の対象になったものも含まれているとか。



こういった物件。

買ったら最後、、、
新規開業の許可はほぼ得られないと思います。




京町家バブル。


崩壊の様相です^^;




人気ブログランキング



posted by ゴン at 21:20 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする