劣化対策等級

2018.01.15



『劣化対策等級』


基準を満たすことで、
建物を長寿命化させ、長期優良住宅の認定を受けることが出来ます。



構造躯体などの劣化対策が主な基準内容です。



1〜3まで3段階あります。




bhtjtvjt.jpg





RC造マンションでは取得が当たり前でした。



最近、木造アパートでも取得の動きが盛んです。


劣化対策等級2以上を取得すれば、
融資期間が22年から延ばせる金融機関が多いからですね。



多くの金融機関で、融資期間が22年から30年に伸びます。





当方が取り組んでいる新築アパート。


劣化対策等級3を取得予定です。



少しコストはかかりますが、融資期間が伸びるメリットは大きいです。




将来の売却時。

次の買主の融資期間が伸び、大きなメリットになるかなと思っています。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 23:22 | Comment(0) | 25.札幌マンション6号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする