阪神・淡路大震災から23年

2018.01.24



阪神・淡路大震災から23年がたちました。

早いですね。



恐ろしい揺れを体感し、阪神高速道路が無残に倒壊したのをみて、地震の恐ろしさが身に沁みたのを思い出します。。



slide01.jpg




阪神・淡路大震災から23年 あなたの町の大地震発生の確率は?

1/17(水) ウェザーニュース




23年前の1月17日に発生した阪神・淡路大震災。

神戸を中心に多大な犠牲者と被害を出したましたが、「神戸は大きな地震が起こらない」と思っていた人が多かったそうです。

しかし、地震は日本列島のどこで起きてもおかしくないとみられています。



20180117-00002386-weather-000-2-view.jpg

0.1%は約3万年に1度、3%は約1000年に1度、6%は約500年に1度、26%は約100年に1度程度





◆地域により確率に大きな差


地震は、大きく直下型と海溝型の2つに分けられますが、この予測地図は両方を合わせた地震の確率を示しています。

そのため、海溝型地震で揺れやすい沿岸部の確率が高く、内陸部は低くなっていて、地域により大きな差があります。

全体的に見ると北海道東部、関東地方、東海地方、紀伊半島、四国の確率が高くなっています。



(中略)



◆今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

 札幌市  :0.92%
 青森市  :5.2%  盛岡市  :4.3%
 仙台市  :5.8%  秋田市  :8.0%
 山形市  :3.6%  福島市  :6.7%
 水戸市  :81%   宇都宮市 :13%
 前橋市  :7.0%  さいたま市:55%
 千葉市  :85%   東京都  :47%
 横浜市  :81%   新潟市  :13%
 富山市  :5.2%  金沢市  :6.5%
 福井市  :13%   甲府市  :49%
 長野市  :5.7%  岐阜市  :27%
 静岡市  :69%   名古屋市 :46%
 津市   :63%   大津市  :11%
 京都市  :13%   大阪市  :56%
 神戸市  :45%   奈良市  :61%
 和歌山市 :58%   鳥取市  :5.6%
 松江市  :3.7%  岡山市  :42%
 広島市  :23%   山口市  :5.9%
 徳島市  :72%   高松市  :62%
 松山市  :44%   高知市  :62%
 福岡市  :8.2%  佐賀市  :8.2%
 長崎市  :2.6%  熊本市  :7.6%
 大分市  :56%   宮崎市  :44%
 鹿児島市 :18%   那覇市  :20%


(以下省略)







東南海を中心に、関東や関西の主要都市。

多くで50%を超えています。




地震保険の加入率、どの都道府県も30%前後でしょうか。

加入率が低いのにはいつも驚きます。



2011年の東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県。

震災前の加入率が約30%で現在の加入率が約50%。



震災前に入っておけば、、、
と思いながら、約20%増えたとしたなら、残念な話です。




基本的には加入が必要だと思いますけどね。。。



「後悔先に立たず」です。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 23:30 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする