銀行融資の約60%が金利0%台

2018.02.16



今朝の日本経済新聞朝刊の一面。

見られた方、多いと思います。



予想以上に金融機関の体力が消耗しているようです。



銀行融資0%台6割 揺らぐ事業モデル
資金需要引き出せず

2018/2/16 日本経済新聞朝刊




日銀がマイナス金利(総合2面きょうのことば)政策を導入して2年、銀行を起点にした金融システムのひずみが目立っている。

銀行の貸出金利は下がり続け、2017年末の貸出金残高のうち金利0%台の融資は全体の62%に拡大

金融緩和が景気を下支えする効果は大きいものの、企業の資金需要を引き出すには至らず、銀行業績を下押しする面が目立つ。

利ざやで稼ぐ伝統的な銀行のビジネスモデルは
抜本見直しを迫られている。



96959999889DE0E4EBE7E1EBE0E2E3E7E2E0E0E2E3EA9F9FEAE2E2E2-DSKKZO2698617016022018MM8000-PB1-2.jpg






国内銀行の貸出金残高は17年末時点で471兆円
(外貨貸し出しなど含まず)。

このうち約290兆円が金利1%未満の貸出金だった。

比較的利ざやの厚い金利2%超の貸出金は10%。

マイナス金利導入前の15年末に比べ5ポイント下がった。

企業や個人の借り換えが進んだ影響が大きい。


貸出金は同じ15年末から6%増えたものの、企業融資よりも不動産融資の傾斜が目に付く


上場企業の過半は実質無借金で「資金需要は強くない」(メガバンク首脳)のが実情だ。

足元では大都市圏の地価高騰に伴い不動産融資が減速しており、月次でみた貸出金の伸びは前年同月比2%台にまで下がってきた。


(以下省略)







日銀が2016年に適用を始めたマイナス金利政策。


世の中に出回るお金を大幅に増やしましたが、預金は増える一方。

貯蓄志向に変化は起こりませんでした。




その結果、不動産オーナーには積極融資の追い風が。

メガ大家さんが数多く誕生しました。



確かに借り入れ金利0%台の方も増えましたね。




黒田総裁の続投が正式に決まれば、、、

次はどんな展開がまっているでしょうかね。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 23:10 | Comment(0) | 融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする