関西地銀の再編

2018.04.07



関西の大手地銀。


関西アーバン銀行(大阪市)、近畿大阪銀行(同)、みなと銀行(神戸市)の地方銀行3行は、今月1日に経営統合し、関西みらいフィナンシャルグループとして発足しました。




経営統合により、関西で首位となり、全国でも6位の規模に。


営業エリアが重なる関西アーバンと近畿大阪は来春合併して
「関西みらい銀行」となります。




3行間のATM手数料が無料になっているメリットはありますが、賃貸事業者にとっては、融資先が減るのがデメリットですね。





過去を思い返せば、関西の銀行は再編の連続。





7.jpg





懐かしい銀行名も散見されます。


ブロックチェーン技術によって銀行はこの先冬の時代。




まだまだ再編が続くのかもですね。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 20:50 | Comment(0) | 融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする