入居申込での過去最大トラブル2

2018.05.02



昨日の続きです。







家賃保証会社

「実は、、、」







「あっ、いや。。。う〜ん。。。」


「・・・」








なかなか、切り出してくれません。




ゴン

「どこか偽ってるパターンですか?」




家賃保証会社

「いや〜。それとまたちょっと違うんですけど、、、、うーん。弱ったな」








「・・・」



「ここだけの話にして下さいね」

「実は、、、ローンが通らない理由は旦那さんではなく奥さんです




ゴン

「は?」「えっ!」「は?」




家賃保証会社

「奥さんがカード枠使い倒した挙句に支払いが止まってるみたいで・・・」

「これくらいでカンベンして下さい。。。」






旦那さん名義のカードで?って思ったけど、

それなら旦那さんがNGになるのでそういうわけではない。



信販会社が奥さんと分かっているということは、あくまで奥さん名義のカードでNGになった上、旦那さんのデータと共有されたということになる。



「こんなパターンもあるのかよ!」と、ただただ驚く。






そして、これを旦那さんに言うべきかで死ぬほど悩む。。。



旦那さんがこれだけ発狂しているということは、

奥さんの使い込みをまず知らない可能性が高い。




その上で今の理由を言えば落ち着くのかもしれないけど、

最悪、奥さんから個人情報漏洩で訴えられる可能性もある。




やべぇ・・・。


理由を知ってちょっと納得したけど、状況的にはまったく改善してない。



むしろ、激しくやべぇ・・・。





お客さんには帰ってもらいたいし、自分もおうちに帰りたい。あはは。。。






頭がはげるほど悩んだ末、仲介店担当者に連絡。



「理由は多少ですが確認出来ました。ご自身が原因では無いっぽいです。」

「個人情報の観点から詳細は把握出来ておりません」

「ご自身で直接信販会社にご確認下さい、とお伝えください」
(どこまで教えてくれるか分かりませんが、、、)





後日談。

仲介店担当者様「ゲッソリしました」とのことでした(笑)



その後、この内覧者様からの音沙汰はなくどうなったかわかりません。。。





今回のことで分かったことは、

事故データが夫婦間で共有されることもあるということ。





詳細の状況はわかりませんが、、、

「暴れ馬」の入居は入居後もトラブルになりそうなのでお断りです。。。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 23:00 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする