外壁破損の原因特定

2018.08.12



先日、外壁に破損部分があると連絡がありました。 



業者様に現地調査をして頂きました。






003.jpg


002.jpg






確かに目地の部分が割れて、カビのようなものも見えます。



原因は、屋上防水が劣化して雨水の侵入が起こり、

建物内を流れて、今回の破損箇所が水の逃げ場になっていたようです。





ちょうど屋上防水改修工事中で、水の侵入は止まるはず。





今回の外壁破損箇所の室内側。

数年前に退去になりましたが、酷い状態でした。






018.jpg






室内は結露が酷く、コンセント内にも水が溜まっている状態。

床下地が乾かず、床コンパネを張替えした部屋でした。  




こんな状態、普通ではないですよね。

まさか屋上防水劣化が原因とは。




当時の入居者様には申し訳ないことをしました。

そして今の入居者様も結露が酷いのでは、と想像できます。




当時の酷かった理由、はっきりしました。

当時、もう少し調査するべきだったなと反省。




建物外壁を観察すれば特定できた可能性が高いです。


今後の戒めにしたいと思います。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 19:00 | Comment(0) | 1.札幌マンション1(A)号・2(B)号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする