事故物件の告知期間

2018.08.16



『事故物件』

様々な事情で発生してしまっています。



所有者にとっては悲しいですが、あり得るリスクと認識が必要ですね。




事故物件の告知の義務。

どこまで(いつまで)必要か、いつも議論になります。



事故物件の告知義務に明確なルールはありません。

ガイドラインが存在しないからこそ、意見が分かれます。




どのような事故物件で告知の義務があるのか。

過去の判例で判断するしかありません。



・都市部のシングル物件は2年経過すれば告知義務がない
・「次の次」以降の入居者には、特段の事情がない限り告知義務がない
・隣接する住戸には告知する義務はない



などがあります。





実際の告知は、不動産仲介さんの判断によってわかれます。

大手仲介さんは知っている限り告知するという所もありますね。






幕末の京都で起こった有名な池田屋事件。

壮絶な切り合いで10名が命を落としました。



池田屋事件があった場所は今、池田屋という居酒屋になっています。




20180816_200317.jpg






150年前以上の事件ですが、、、

事故物件と言われれば、、、事故物件???



京都の一等地にあり、誰もが気にせず欲しい場所。



事故物件の定義。

永遠のテーマです。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 23:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする