関西金融機関の特殊事情

2018.10.10



全国的に収益物件向け融資が厳しくなったと言われています。

スルガ銀行問題から一気に蛇口が絞られましたね。




しかし、、、

関西地区に絞れば、全く融資が出ないといった話はあまり聞きません。


事業規模投資家には、あまり融資が絞られている実感もありません。



もちろん、関西でも一部金融機関では実際に融資が絞られています。

しかし一方で、今でも普通に融資を受けて買っている人がいます。




大阪は今でも約半分の建物が違法建築と言われています。

平成7年に発生した阪神淡路大震災以前の建物は約7割が違法建築とも。



融資条件の常識が関西では当てはまらない地域ではあります。

しかも、関西は全国的にも突出して金融機関数が多いです。





大阪府に本店がある金融機関。

拾い出してみると23行もあります。




•地方銀行(2)
 近畿大阪(大阪市中央区)
 池田泉州(大阪市北区)

•第二地方銀行(2)
 関西アーバン(大阪市中央区)
 大正(大阪市中央区)

•信用金庫(7)
 大阪(大阪市天王寺区)
 大阪厚生(大阪市中央区)
 大阪シティ(大阪市中央区)
 大阪商工(大阪市中央区)
 永和(大阪市浪速区)
 北おおさか(茨木市)
 枚方(枚方市)
 
•信用組合(11)
 大同(大阪市西区)
 成協(東大阪市)
 大阪協栄(大阪市中央区)
 大阪貯蓄(大阪市淀川区)
 のぞみ(大阪市中央区)
 中央(大阪市福島区)
 大阪府医師(大阪市天王寺区)
 大阪府警察(大阪市中央区)
 近畿産業(大阪市天王寺区)
 毎日(大阪市北区)
 ミレ(大阪市北区)

•労働金庫(1)
 近畿労働金庫(大阪市中央区)



近畿(2府4県)に本店を構える金融機関を数えてみると、

地銀7行、第二地銀3行、信金29金庫、信組21組合、労働金庫1金庫。



合計61の金融機関があります!





これ以外にも他地域金融機関の支店もあります。



当然、都市銀行も支店を構えていますし、

中国や四国、中部、北陸地方の金融機関なども大阪に支店を構えています。



これらを合わせると、

大阪に本支店を構える金融機関数は100行近くと思います。




これだけの数があれば、、、

当然、いつの時代も、どこかの金融機関が融資しますよね。




関西でメガ大家さんが多いのも、

過剰な金融機関数による貸出競争があるからだと言われています。





様々な融資情報(特に首都圏から)が全国に向けて発信されますが、

関西地区では全ての情報が当てはまらないといえます。



情報をそのまま鵜呑みにせず、自分の足で確認するのが重要だと思います。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 20:00 | Comment(0) | 融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする