不動産向け融資

2018.11.16



もう耳にタコができるぐらい言われてますが、、、

不動産向け融資が厳しくなっています。



読まれた方も多いと思いますが、、、

日本経済新聞にも大きく掲載されました。



地銀、不動産融資「積極的に」ゼロ 本紙調査
2018/11/15 1日本経済新聞 電子版




アパートやマンションなど投資用不動産向け融資(アパート融資)が曲がり角にきている。

日本経済新聞が全国の地方銀行に実施した調査によると、今後、積極的に融資を伸ばす地銀はゼロだった。

担保価値を保守的に評価するなど4割強は融資の審査も厳しくすると回答した。

不正融資が横行したスルガ銀行問題などを受け、地銀による融資が減速する可能性が出てきた。


調査は全地銀105行を対象に10月に実施。

群馬、スルガ、島根、香川、沖縄の5行を除く100行から回答を得た。

アパート融資の残高(9月末)は前年同月比1.3%増の22兆9388億円で約65%を地銀が占める。



96959999889DE1E5EAE2E0EBE7E2E3E7E3E3E0E2E3EA9F9FEAE2E2E2-DSKKZO3779900015112018MM8000-PB1-2.jpg





地銀にとって節税対策を探す土地所有者や副収入を得たい会社員らを対象にしたアパート融資は数少ない成長分野。

今回の調査でも81%の地銀が残高が1年前より増えていると回答した。


ただスルガ銀問題や需要の一巡で優良案件が減ったことを背景に足元では慎重姿勢を強めている。

調査では融資姿勢について66%が「案件次第」と回答。34%は「慎重に進める」とし「積極的に伸ばす」はゼロだった。


(以下省略)





真面目に賃貸業を営んでいる方にとってはチャンス到来。



来年は、良い物件をたくさん購入したい。

種まきして、備えています。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 15:30 | Comment(0) | 融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする