フリーレント期間中の解約A

2018.11.23



昨日の続きです。



フリーレント期間中の退去通知。

ほんと驚きました。



入居してたった20日少々で、しかも内装工事もほぼ終わってます。





退去になった原因。

詳細をお聞きすると、『動物病院』という業種にありました。




当然ですが、動物病院も人が出入りしますので、

都市計画法の規制を受けます。




病院の場合、第1種低層住居専用地域と第2種低層住居専用地域、

工業地域と工業専用地域がダメで、それ以外はOK。


診療所の場合、公共性からすべての用途地域でOKとなっています。




もう10年以上前に取得した宅建主任者免許ですが、、、

これは基本で覚えていました。




ところが今回の動物病院。

法令上の病院あるいは診療所には該当しないそうです。




動物病院は、「サービス業を営む店舗」と見なされるとか。




従って、、、

第1種低層住居専用地域と第2種低層住居専用地域、

第1種中高層住居専用地域、工業専用地域はNGとなります。



大阪マンション2号の用途地域は、第1種中高層住居専用地域。








ということは、、、

『病院はOKだけど動物病院はNG』の用途地域なんです。




動物病院は、当然、行政の許可が出ません。

これが退去理由でした。。。




礼金3か月受領済み。
退去通知は6か月前予告。


借主は契約白紙解除を求めていますが、当方に非はありません。

当方も仲介さんにADを払っています。



個人的には、重説をした仲介の責任だと思うのですが。。。

借主も、行政への事前確認を怠ったのはまずかったですね。




当方は契約書通りの退去手順(6ヶ月前予告)で進める予定ですが、

仲介と借主を交え、交渉が長引きそうです。




不動産賃貸業、色々と起こります。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:50 | Comment(0) | 14.大阪マンション2号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする