家賃をキャッシュレス決済

2019.04.17



最近、PayPayやLINE Payなど

キャッシュレス決済で盛んにキャンペーンが行われています。



コンビニでの支払いが20%割引されたり、かなりお得感がありますね。




当然、既存のカード会社も黙ってはいません。

先日、三井住友銀行に立ち寄ったら、待ち時間に営業を受けました。



三井住友カードは今月、

通常7980円する決済端末を無償提供するキャンペーンを始めたそうです。




p2.jpg






クレジットカードや非接触式のICカードなどによる支払いに対応する決済端末で、事業者は手持ちのスマートフォンやタブレットと接続するだけで、手軽にキャッシュレス決済に対応。

決済の翌営業日には事業者に売上金が入金されます。



賃貸管理業をしている不動産会社も導入実績があるとか。


滞納者を訪問時、現金が無くてもクレジットカードを所有していれば、

これで集金(クレジット決済)することが可能。



確かに便利かもですね。


PayPayやLINE Payのように利用上限が無いのが良いです。

1回の決済で1000万円まで可能。



現在、使用開始後30万円まで決済手数料無料のキャンペン中。
(超えたら通常手数料3.25%〜)



年会費や維持費は不要。

導入検討中です。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 15:05 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税引き後利益を計算しない投資家

2019.04.18



不動産賃貸業を行う場合、いや、、、賃貸業に限らず、

何らかの事業を行う時に一番必要な知識は会計だと思います。



会計知識は金融機関とのコミュニケーションの基本ですし、

会計知識がないと次の経営戦略も練れません。


結果、行き当たりばったり投資法になってしまいます。



ビジネスから会計知識(数字)を切り離すことは出来ないでしょう。




しかし残念ながら、、、不動産賃貸業を行っている方で、

税引き後利益(手残り)を全く計算しない投資家がいるのも事実。





『物件価格1億円(土地建物各50%)・築17年RC造・表面利回り10%』



この物件を、金利2.5%の30年フルローンで購入した場合。


手残りはいくらでしょうか?




運営経費率15% 、空室率10%、税金30%と仮定した場合、







手残りは約168万円/年





計算すればすぐにわかりますが、

運営経費や空室が増えれば、すぐにキャッシュアウトしてしまいます。



わかって購入する方は全く問題ありません。

それぞれの考え方や対策をお持ちなんだと思います。




しかし、購入前に何も検討(計算)しないまま購入し、

『こんなはずじゃなかった』と後悔する方がいるのも事実。




収益不動産は、『買う』のが目的ではありません。

『収益』をあげるのが目的です。



数字は嫌いと言わず、必ず検討(計算)することが必要だと思います。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 19:38 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『利回り』のパワーを再確認

2019.04.19



昨日書いたブログ。

想像以上に反響が大きかったので続編。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++

『物件価格1億円(土地建物各50%)・築17年RC造・表面利回り10%』


この物件を、金利2.5%の30年フルローンで購入した場合。

手残りはいくらでしょうか?



運営経費率15% 、空室率10%、税金30%と仮定した場合、





手残りは約168万円/年

+++++++++++++++++++++++++++++++++++




運営経費率や空室率、税金等の条件はそのままで、

利回りを変化させるとどうなるか。






tghlurvxsd.png






 利回り8%の手残り(税引き後利益) :  63万円/年

利回り15%の手残り(税引き後利益) : 430万円/年

利回り20%の手残り(税引き後利益) : 693万円/年






利回り8%の1棟物を10棟持つと、63万円/年×10=630万円/年。

利回り20%の1棟物を1棟だけ持っている人よりも少ない税引き後利益に。




利回り(インカムゲイン)に特化した単純計算モデルですが、

全く同じ条件なら利回りのパワーは凄いと実感できます。



ちなみにこのモデルの場合、

利回り6.8%で税引き後利益がゼロになります。




自己資金を投入する、借入金利を下げる、低ランニングコスト設計を追求。

もしくは、キャピタルゲインが得られる立地など。


何らかの対策が必要になります。




新規の投資案件を検討する場合、

他人任せにせず、必ず自分で計算してみることが大事です。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 17:50 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする