安藤忠雄の共同住宅街

2019.04.03



世界的な建築家・安藤忠雄。



全国に代表作が点在していますが、

関西にも数多くの作品があります。




その中で、神戸六甲山に安藤忠雄が設計した共同住宅があります。

普通の立地ではありません。



『60度の急斜面に建てられた集合住宅』






74893erjre.jpg






1983年竣工。



初めて集合住宅に立ち向かい、

新しい建築の型を作り上げた作品と言われています。



急勾配に沿って全面をテラスとし、

段々にセットバックしていき、「階段」を印象的に表現した建築だとか。




建築コストを考えたら絶対に建築できない立地。

土地所有者のこだわりが感じられます。





ちなみに隣地には1993年竣工の共同住宅。






apartment_of_rokko_2nd01-680x680.jpg






さらに北側にも1999年竣工の共同住宅。






apartment_of_rokko_3rd01-680x680.jpg






いずれも安藤忠雄設計・監修の建物で、付近は共同住宅街になっています。


なかなかの迫力です。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 17:55 | Comment(0) | 収益物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする