税引き後利益を計算しない投資家

2019.04.18



不動産賃貸業を行う場合、いや、、、賃貸業に限らず、

何らかの事業を行う時に一番必要な知識は会計だと思います。



会計知識は金融機関とのコミュニケーションの基本ですし、

会計知識がないと次の経営戦略も練れません。


結果、行き当たりばったり投資法になってしまいます。



ビジネスから会計知識(数字)を切り離すことは出来ないでしょう。




しかし残念ながら、、、不動産賃貸業を行っている方で、

税引き後利益(手残り)を全く計算しない投資家がいるのも事実。





『物件価格1億円(土地建物各50%)・築17年RC造・表面利回り10%』



この物件を、金利2.5%の30年フルローンで購入した場合。


手残りはいくらでしょうか?




運営経費率15% 、空室率10%、税金30%と仮定した場合、







手残りは約168万円/年





計算すればすぐにわかりますが、

運営経費や空室が増えれば、すぐにキャッシュアウトしてしまいます。



わかって購入する方は全く問題ありません。

それぞれの考え方や対策をお持ちなんだと思います。




しかし、購入前に何も検討(計算)しないまま購入し、

『こんなはずじゃなかった』と後悔する方がいるのも事実。




収益不動産は、『買う』のが目的ではありません。

『収益』をあげるのが目的です。



数字は嫌いと言わず、必ず検討(計算)することが必要だと思います。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 19:38 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする