消臭作業の暗部

2019.04.27



全国の仲介店で調査したとしたらどうなる?

桁が1つは変わるような。。。


消臭未実施2年で127件 アパマン、爆発で調査
4/27(土) 共同通信



9a943ae3a6a4a61062914707849e744f_1.jpg

「アパマンショップ平岸駅前店」があった札幌市豊平区の爆発事故現場=2018年12月


昨年12月に札幌市豊平区で起きた爆発で、不動産仲介などを手掛けるAPAMAN(東京)は27日までに、発生元とされる不動産仲介「アパマンショップ平岸駅前店」で、顧客と契約した入居前の消臭サービスを実施しないケースが約2年間で計127件あったと発表した。

対象者には返金し、謝罪したという。


爆発は昨年12月16日に発生、52人が負傷した。

北海道警によると、同店の男性店長が消臭スプレーの在庫を処分しようと店内で一斉に噴射、充満した可燃性ガスに引火したとみられている。

大量の在庫を抱えた背景に消臭サービスの未実施があったとみられ、同社が調査を進めていた。





誰もが氷山の一角だと思っている案件。


返金で済まされる事でしょうか。。。

詐欺罪で犯罪行為と言われても仕方ないと思うのですが。




過去、何度か入居前チェック中に消臭作業や抗菌作業と称して、

仲介店担当者や下請け業者と部屋で出会ったことあります。



今回の問題から比べたら、作業しているだけ良いとは言えますが、

作業自体は、ものの数分〜10分程度で終了。


正直、どこまで効果があるのか疑問。。。



商売として費用を頂くのは全く問題ないと思います。



しかし、やるからには、しっかり作業を行って頂かないと、

また同様のクレームが起こると思います。



今は何でもSNSで拡散します。

今回の事故を教訓に変わる事を期待したいです。






なかなか変わらないのが不動産業界でしょうか。




人気ブログランキング



posted by ゴン at 17:04 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする