北海道拓殖銀行 最後の頭取

2019.05.03



1997年、北海道拓殖銀行が経営破綻。

都銀の破綻は、日本金融史上最大で衝撃を受けたのを覚えています。



djvkburw74.jpg





著者は、残念ながら「最後の頭取」に。



バブル崩壊後に数多くの金融機関が破綻し、

多くの経営者が、刑事責任を問われましたが、著者もその一人でした。



経営破綻から20年以上が過ぎ、著者は自分にけじめをつけるため、

この本を執筆したとか。




銀行員という職業を通じて、
昨日までの常識やルールが一夜で変わる場面に何度も遭遇しました。

そして、心臓が凍るような修羅場も経験し、多くの失敗も重ねました。

これから読者の皆さんも、形は違えど、
時代の転換期に直面するかもしれません。

そんな時、どうすればいいのか。

著者の体験記から、何かしらの教訓を見つけて、
自らの人生に生かしていただければ幸いです。




最後の頭取 北海道拓殖銀行破綻20年後の真実
河谷 禎昌 (著)










火中の栗を拾ったせいで、

最後、全ての責任を被せられてしまった無念が伝わる内容。



道銀との破談経緯や、著者が考える永久戦犯5名の実名が書かれていたり、

なかなか突っ込んだ内容になっています。



ソフィアGへの追加融資など、肝心の確信部分が書かれていなくて、

客観的に判断できない部分もありますが、全般的に極めて意義深い内容。




忘れたころに定期的にやって来る金融危機。

金融機関を理解するためにも、この本はとても参考になるのでおすすめです。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 17:00 | Comment(0) | おすすめ書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする