不動産投資法に正解なし

2019.08.31




『不動産投資』といっても

世の中には様々な方法が存在します。



新築、中古、RC造、鉄骨造、木造、都市部、地方、駐車場、借地、

利回り重視、資産性重視、区分、一棟物、戸建、現金購入、融資。





等々。



他にも書ききれないぐらいたくさんの方法があります。



wkrvqkvkqv.jpg





『不動産投資法に正解なし』

これを絶対に忘れてはいけません。




ある物件を購入した場合、

その人には良い投資であっても、別の人には悪い投資かもしれません。



なぜなら、それぞれが目指すゴール、それぞれの資産背景によって、

投資法の答えが変わるからです。



特定の投資法だけを取り上げて否定するのは全くナンセンス




成功体験はあくまで、その人が目指したゴールや持ち合わせる能力、

資産背景から導き出されたもの。



成功者の投資法をそのまま真似をするだけで、

全ての人が成功出来るなんてのは全くナンセンスです。




投資家が一番考えるべきは、ゴールから逆算することですね。



専業大家を目指すのか、将来の老後対策なのか、単なる資産運用なのか。

そういった具体的な目標が一番大切です。


そこから自ずと目指すべき投資法が決まってくると思います。



投資法自体が問題ではなく、

ゴールや自己資金やリスク許容度によって、変わるということです。




自分の投資法をセミナーや対談などで語る機会が増えましたが、

あくまで『私の場合』であり、全ての人に当てはまりません。



逆に、セミナーや懇親会などに参加する場合は、

(講師がその投資法を選んだ)背景を考えると凄く勉強になります。



各自が最適な投資法を見つけ、

楽しく情報交換出来る環境が最高ですね^^




人気ブログランキング




タグ:不動産投資
posted by ゴン at 15:45 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする