集合住宅にLPガス発電機

2019.10.19



賃貸マンションに非常用発電機を試験導入。

記事で読みました。


集合住宅にLPガス発電機 エネジン(浜松)導入促進 災害時の電源確保
10/12(土) 静岡新聞



56834902ioruwe.jpg

マンション敷地内に増設したLPガス非常用発電装置
=9月下旬、浜松市北区



自然災害による停電や断水が各地で相次ぐ中、総合エネルギー業のエネジン(浜松市中区)が、集合住宅への液化石油ガス(LPガス)の非常用発電装置の導入促進に乗り出した。

停電時に最低限の電源を確保できることを売りに、年間十数カ所の集合住宅への納入を目指す。


同市北区に同社が所有する4階建て賃貸マンション(12戸)に試験的に導入した。

敷地内にLPガス非常用発電装置(デンヨー製、税別価格1400万円)を増設。各戸にガスを供給する既設のLPガスバルク供給設備から燃料を回す。

マンション側に配線を施し、共用部の給水ポンプ設備と照明設備に加え、各戸の非常用コンセントにも電気が行き渡るようにした。


発電装置は停電時に自動的に起動する。

各戸では屋外の壁面に付けた専用コンセントから1500ワットの電源を確保できる。


LPガスは大規模災害時にも復旧が早いとされる。

ガス発電装置はディーゼル発電に比べて静音性に優れ、周辺環境への影響も小さい。

燃料の補給や設備の管理は供給会社側が担うため、オーナー側の負担は少ない。


既に県内のドラッグストアへの納入事例があり、新たに集合住宅向けの販売も企画した。

装置本体以外にも工事費などが必要だが、エネジンの担当者は「大規模地震などの際にも、建物が安全で電気が使えれば何とか自宅でしのげるのでは。入居者や行政の負担軽減につながる」とアピールする。





オーナー負担が少ないと言いますが、、、

約1400万円の非常用発電機が無償貸与になるのでしょうか。



なったとしても、全12戸だと、

入居者様のプロパンガス代が高くなりそうなのがデメリットかな。



今回は自社物件なので試験導入したと思いますが、

大規模な賃貸マンションなら導入もありなのかなと思います。



災害続きですので一定の需要はあるように思います。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 17:25 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする