一種単価下落

2019.10.20



土地は昨年初めから値下がり傾向ですね。



ホテル建築バブルがおこった京都。



btrhejqrl.jpg




たった数年で地価がどんどん上昇し、昨年はじめのピーク時には、

一種単価200万円を超えました。



ホテル用地はマンション用地と競合になるわけですが、

一種単価200万円を超えるとマンション用地としては成り立ちません。



ホテル圧勝、マンション惨敗、の構図でした。



1種単価200万円ということは、

建物建築費やその他の諸経費等を加味すると坪400万円ぐらいか。



世界的に京都は人気なのですが、さすがに高騰しすぎですね。



現在は京都の土地価格も下落し、一種単価100万円代。


しかし、マンション用地としてはまだまだ採算が合いません。

しばらくは中心部の新築マンション供給は少ないと思います。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 18:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする