私道バリケード問題

2019.11.19



私道のバリケード封鎖。

驚きのニュースで結構話題になりました。



2019.10.13「私道のバリケード封鎖」





その後、長崎地裁は14日、不動産業者に対し通行妨害の禁止と、

道路を封鎖しているバリケードの撤去を命じる決定を出しました。




都市計画法を調べると、

1971年度以降に開発が許可された団地内の道路は原則市道。



しかし、この団地は1969年開発。

この規定の対象外でした。



報道では、道路所有者の不動産会社が悪徳みたいに報道されていますが、

よくよく調べてみると、別の一面も見えてきます。



道路所有者である不動産管理会社は、当初長崎市に譲渡予定だったとか。



しかしメンテナンス状態が良くないことから長崎市が拒否。

メンテナンスするにもお金が掛かることから、通行料請求に至ったとか。



取得経緯を考えると、上記はあくまで言い訳で、

営利目的だったと捉えられても仕方ないように思いますが、、、



もちろん当方は、当事者ではないので真意はわかりません。



ここまでこじれれば、長崎市が譲渡に応じるのが一番かもですね。

市の税金が投入されると不満がおこるのでしょうか。



円満解決、期待します。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 18:55 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする