西成区「労働者の街」が変化

2019.12.09



大阪環状線と南海が交差する西成区新今宮駅周辺。

近年、大きく変わりつつあります。



西成区は生活保護受給者の比率が23・3%

約4人に1人が生活保護という、全国でもまれにみる特殊な地区。



大阪市は平成25年度から「西成特区構想」を推進しています。



日雇い労働者が職を求めて集う「あいりん地区」。



lbhvtdn.jpg





この地域に林立する簡易宿所は、

部屋がかなり狭く、相部屋で安く泊まれたりもしました。



別名、福祉アパートですね。



ところが近年、インバウンドの外国人利用者が急増。

料金の安さや利便性が大人気で、予約で満室の簡易宿所も多いとか。



一部の簡易宿所では値上げになっています。



現在、多くの生活保護者がかなり高齢化。

そして行政も安易な生活保護受給は認めず門前払いしています。



こういった現状を考えると、、、あと10年もすれば、

街の雰囲気は大きく変わるような気がします。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:40 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする