FRBは民間銀行

2020.02.07



ドル紙幣を発行する権限を持つ「FRB」



最も重要なことは、FRB連銀がドル紙幣を発行できるということ。

つまり、ドル紙幣を発行するだけで膨大な利益が得られます。



だって、紙幣の印刷コストは紙代と印刷代だけ。

仮に原価1ドルの場合、100ドル紙幣を印刷すると99ドルが利益になります。



これがFRB連銀の儲けに。



もうひとつ大事なのは、FRB(連邦準備銀行)は民間銀行であるということ。

そして、決算は一度も開示されていません。



つまり、FRBに全て牛耳られているといっても過言ではありません。



FRBの動向が世界中のマーケットに多大な影響を与えますが、

民間銀行であることを忘れてはいけません。




FRBの株主は下記。



bhfdc.png





ほとんどがユダヤ系金融機関です。



FRB議長の発言やFOMCの政策によってNYダウや各国為替相場が大きく上下。



あの2008年のリーマンショックもFRBの利上げによって、

サブプライムローンの支払い負担が増加したことが原因です。



そのたびに陰で国際金融資本家は膨大な利益を得ています。

身内というかインサイダーだから当然ですね。



世界の基軸通貨であるドルの発行権・コントロールはFRBが全て握っている。

そしてFRBは、ユダヤ系国際銀行資本家のものであるということです。



この事実と本質を理解したら『ドル』というものがどういうものか、

その上でどう運用すれば良いのか、を考えるのが特に大事だと思います。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 19:40 | Comment(1) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする