京都の商業地下落中

2020.03.23



数年前までホテルバブルだった京都市内中心部。



lmv;,asv.jpg





ホテル用地となるような立地で、容積率400%の地域だと、

一種単価100万円をゆうに超えていました。



京都では、コロナウイルス蔓延の前にホテルバブルが崩壊。

客室単価が下がり、収益性が急激に悪化しました。



訪日外国人は順調に増加していましたが、

それ以上にホテルの供給が増えてしまったことが原因ですね。



個人経営の体力が無い簡易宿泊所を中心に撤退が相次ぎました。



そこにもってきてコロナウイルス関連で訪日外国人が激減。

京都市内の客室稼働率は一気に下がりました。



今、京都市内のホテル単価は数百円からと、

恐ろしい宿泊価格になっています。



当然、直近の売土地価格にも反映されています。



商業地域400%の売土地情報を見ると、

一種単価70万円台の売土地もチラホラ見かけるように。



最近、遅行性の公示地価が発表され上昇となってましたが、

実態は明らかに価格下落していますね。



京都市内の定点観測から見えるのは、約2年前の土地価格がピーク。

現在は5年ほど前の土地価格に逆戻りです。



この先、どこまで価格下落するか(もしくは反転するか)。



建物の建築単価が上がっている状況を考えると、

まだ底ではないかなと思います。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 18:00 | Comment(2) | 地名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする