スルガ銀行が借金帳消に応じる

2020.03.26



世の中、コロナウィルス関連のニュースばかりですが、

スルガ銀行のシェアハウス不正融資問題で動きがありました。



シェアハウス不正融資、
所有者が土地建物を手放せば借金帳消しに…スルガ銀

3/25(水) 読売新聞オンライン



シェアハウス向けに不正融資を行っていたスルガ銀行(静岡県)は25日、物件の所有者257人に対し、土地や建物を手放せば借金の返済を帳消しにすると発表した。

残る約1000人の所有者に対しても、
要望があれば同様の対応を取るとしている。


スルガ銀は所有者の収入証明書類を改ざんするなどして、シェアハウスの実際の評価額を上回る金額を融資し、不動産業者と連携して物件を高値づかみさせるなどしていた。

スルガ銀は今回の257人に対し、
計約440億円、平均で約1億7000万円を融資していた。




不正融資をしたスルガ銀行。



cnkhmxlvw.jpg




責任はかなり重いと思うので当然の判断かなと思います。



ただし、、、融資を受けた債務者側にも責任はあります。

少なくても『被害者』とは言えないように思います。



目先の利益に目がくらみ、何も考えないで実印押した債務者にも、

本来は一定の損失を被るのが投資の世界だと思います。



リスクは相手に押し付けて、リターンだけ頂く都合の良い投資はありません。

自己資金で投資した人には損失が残るのは、おかしな話です。



『不正融資』と『融資金詐欺』

立場を変えたら言葉が変わりますが、どちらも加害者と言えますね。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 14:35 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする