自動車を『資産』として考える

2020.05.24



収益不動産価格は都市部を中心に、

大きく下げた、というような話はあまり多く聞きません。



一部、インバウンド需要でここ数年高騰した京都や大阪の中心部では、

大きな価格下落が見られますが、一気にホテル需要が無くなったから。




元々収益物件向けだった土地は、大きく値下がった感じはまだありません。




一方、中古車はここ2か月ほどで顕著に下がっています。

小型車はあまり変化ありませんが、高級SUVやミニバンは1〜2割値下がり。



不要不急の呼びかけで全く売れず、ズルズルと値下がっているようです。

特にアジア等に輸出されていた車種では、輸出ストップで暴落に近いです。




振り返れば、リーマンション時も高級外車を中心に大きく値下がりました。

希少性・資産性のあるスポーツカーも一時的に価格下落しました。



今回も同じような状況が続けば、リーマンショック時と同様に値下がり確実。



不動産も自動車も資産として考えれば、確実に買い時が近づいていますね。

乗りたい車があれば検討してみても面白いと思います。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:00 | Comment(2) | 車・キャンピングカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする