退去時の破壊的支出

2020.05.31



当方がメインで所有する物件を要約すると、

政令指定都市にある築20〜30年の郊外型1棟RC造ファミリー間取り。



当てはまらない物件もありますが、多くはこんな感じの所有物件です。



メリットは入退去が少なく、

家賃が比較的安めなので、景気や今回のようなコロナの影響が少ない事。



デメリットは退去時の原状回復費用が高くなること。




明日で5月が終わりますが、来月末退去の連絡が今のところ1件。



この方の入居期間は13年2か月。

おそらく、、、退去後に全面改修工事が必須ですね^^;



直近を振り返ってみれば、

4月末退去連絡(5月末退去)が2件で、入居期間は8年と19年2か月。


1月末退去連絡(2月末退去)が1件で、入居期間は16年8か月。



191室所有でこの退去数ですから、退去率はかなり低め。

2〜3年程度での退去はあまり多くないです。



しかし、退去1室あたりの原状回復費用は破壊的支出を伴います。




入居期間19年2か月の2LDK退去時室内




IMG_1373.jpg





今のご時世、2〜3年毎に入退去が発生すると、その都度、

広告費や仲介費用など、外部(客付会社等)への支出が伴います。



一方、原状回復費用は外部への支出ではなく建物への投資。



トータルでシミュレーションすると、礼金や更新料を取れない地域では、

快適な住空間を提供して長期間入居頂くことが、安定経営に繋がります。



退去時に破壊的支出があったとしても、必要コストと割り切り、

ケチらず清潔感のある部屋を提供していきたいと思います。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:00 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする