逆張り思考で考えると、、、

2020.06.04



京都マンション1号。

2015年から民泊を行っていましたが、2018年の民泊新法時に撤退。



その理由は、ホテル建設が相次ぎ、稼働率が徐々に落ちていた事、

既存マンションの簡宿化は、設備面で大きく劣る事、等がありました。



そしてなにより、京都市内中心部の賃貸物件の多くが宿泊施設に変わり、

逆に賃貸物件の家賃が上がったのも、判断として大きかったです。



実際2018年に賃貸に戻したところ、

従前家賃の1.2〜1.3倍で入居が決まりました。




しかし現在、、、京都市内はコロナの影響でインバウンド99%減。



あまり報道されていませんが、京都市では、

4月の生活保護申請件数が、前年同月比で40%以上も増加しています。



宿泊施設も、多くが廃業や休館、営業していても低稼働率になり、

共同住宅仕様の宿泊施設が軒並み賃貸物件に戻されています。



その結果、市内中心部の賃貸物件供給が急激に増えています



この先しばらくは、ホテルから賃貸物件再転用による供給増で、

高騰していた家賃の下押し要因が確実に増えそうです。



ということは、逆張り思考で考えると、

タイミング見て賃貸から『宿泊』に再参入したら面白いのかな。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:00 | Comment(2) | 23.京都マンション1号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする