全物件30%OFF!?

2020.09.18



資本主義国家ではなかなか考えられない事態。

全物件を30%値下げ!



中国の大手不動産が全物件を30%値下げ! 「借金体質」改善のため
9/16(水) CNS(China News Service)




【CNS】中国の不動産大手・恒大集団(Evergrande Group)は7日から1か月間、すべての不動産物件を30%値下げすることを決めた。

多額の負債を解消する目的で、販売ペースの遅い物件はさらに最大12%の追加値下げを実施する。


9月に新学期が始まり、新社会人が仕事を始める中国では、9月と10月は「金九銀十」といわれる不動産のピークシーズン。

恒大グループはこの時期に合わせて値下げキャンペーンを打ち出した。

販売目標は2000億元(約3兆1000 億円)を見込んでいる。

さまざまな値下げ措置を重ねると、100万元(約1600万円)の物件を58万元(約900万円)で購入することも可能という。


恒大グループが前例のない割引セールを始めたのは、「借金体質」改善のためだ。

中国の不動産管理当局は最近、不動産会社の債務について「3つのレッドライン」を示した。

資産負債比率は70%以下、純負債資本倍率は100%以下、手元資金の短期負債倍率は100%を基準とし、レッドラインを越える企業は新たな借金ができなくなり、借金の規模も管理されることになった。

(以下省略)




中国国家統計局発表によると、8月は前年比11.8%増。

統計上、不動産市場は絶好調となっています。






何より普通、値下げ前に購入した人からクレームきますよね。

資本主義国家ではなかなか考えられないです。



未来は誰にもわかりませんが、、、

こんな事がいつまでも続かないことだけは確実ですね。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 06:00 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする