庭付き戸建てブーム

2020.09.19



ロックダウン中、厳しい外出制限が行われたイギリス。

不動産市況にも影響を与えたようです。



コロナ禍で「庭付き戸建て」のブーム到来、不動産マーケットが活況に!
9/17(木) Pen Online



イギリスの個人資産の基盤は「持ち家」だ。

キャッシュを貯める習慣はあまりなく、生涯に何度も家を買い換え、「プロパティ・ラダー(不動産のはしご)」を昇って資産を増やしていくのが一般的。

3月後半にすべての不動産取引がストップしたときは「今後家の値段が総崩れし、不況につながるのでは?」と心配されたが、現在不動産マーケットは大変勢いづいている。


しかし人気なのは「庭付きの家」だけ。

これまで人気だった利便性の良い場所にあるフラット(マンション)は見向きもされず、皆が必死に庭付きの物件を探している。

これはロックダウン中の厳しい外出制限を経験したことが理由だ。

必須の買い物と1日1度の運動目的の外出のみが許可されていた時期でも、小さくても庭があればリフレッシュでき、子どもも外で遊ぶことができた。

「自宅に庭があるか?」「ないか?」は本当に大きな違いだった。


(中略)


コロナ禍における「庭なし組」のストレスは相当なもので「第2波が来るかもしれないから、緩和中にさっさと庭付きの家に乗り換えよう」と買い替えを急ぐ人が続出。

さらに不動産購入時に支払う印紙税に関して、2021年3月末までに不動産を購入した場合、50万ポンド(約7,000万円)までは印紙税が無料となる減額スキームを政府が発表し、これもブームの追い風となった。

売る方も買う方も「いまがチャンス!」とこの祭に乗っている。



(以下省略)





外出規制が厳しかった国で、こういった傾向は顕著だそうです。



日本は規制が緩かったので、ここまでの動きは感じられませんが、

長期的にはこういった動きも見られるかもしれませんね。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする