空室反響報告書は重要

2020.09.20



各所有物件。



自主管理している物件は、空室の問い合わせ状況がどれくらいで、

内覧数がどれくらいか、大体把握できていると思います。



しかし、管理委託している物件は、管理会社様からの報告が全て。



管理会社様によって、このあたりの報告は様々だと思います。

全く報告しないところや、定期的に報告するところ等。



当方が管理委託している管理会社様には、

定期的に募集状況の報告を行って頂いています。



会社様によって報告方法は様々。

メール報告もあれば、郵送で報告頂くところもあります。



家主にとって、報告方法はいずれであっても、

報告頂くこと自体が賃貸業ではとても大事だと思います。



仮に空室期間が長引いた場合、

内覧や問合せが一定数あるのか、それとも問合せすらないのか。



その反響状況によって空室の原因が全く異なり、

対策の方法も全く異なるのもになるはずです。



『空室原因とその対策』



原因が分かっていない(誤って考えている)のに、

その対策が出来るはずがありません。


対策が的外れなものになってしまう可能性が高いです。



空室反響報告は、

管理会社様とのコミュニケーションで重要な1つだと思います。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする