都銀が「急激に」変化中

2020.10.10



三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行の各都市銀行。

最近、経費節減に向けて、次々と政策を打ち出しています。



三井住友銀行、基本的な取引はデジタル化、
手数料優遇で顧客のデジタルシフトを促進

10/8(木) MONEYzine



三井住友銀行は、デジタル化への取り組みと各種手数料の新設を発表。

デジタルに移行する人の手数料を無料化し、紙からの脱却を図る。


三井住友銀行は10月7日、サービスや業務プロセスのデジタル化を進めるため、個人・法人いずれの顧客に対しても基本的な取引はデジタルチャネルに移行し、窓口来店時も原則ペーパーレス取引を行うと発表した。


(中略)


2021年4月1日以降に新規開設される普通預金口座を対象に、デジタルチャネルを利用していない、長期間口座を利用していない、残高が1万円未満といった条件にあてはまる個人顧客に対して手数料を設定。

個人の場合、紙通帳の利用に対する手数料は年額550円、口座の利用状況に応じて年額1,100円の手数料がかかる。


法人・団体の顧客の場合も、法人版Web通帳を2021年10月をめどに導入し、以降に新規開設される通帳発行型の普通預金口座に対しては年額550円がかかる。

また、個人と同様に口座の状況、デジタルチャネルの利用状況についての条件があてはまると年額1,100円の手数料が設定される。


みずほ銀行も同様に有料化を打ち出しています。


みずほ、12月から週休最大4日 3休なら基本給8割、4休は6割
10/6(火) 共同通信



みずほフィナンシャルグループ(FG)は6日、希望する社員を対象に、週休3日や4日の働き方を認める制度を12月に導入する方針を明らかにした。

新型コロナウイルス感染拡大を踏まえた新たな働き方に対応する。

週休3日以上の本格導入はメガバンクで初めて。

基本給は週休3日で従来の80%程度、週休4日で60%程度になる。

(以下省略)



三菱UFJ銀行、2023年度末の店舗数を4割削減へ
5/20(水) AbemaTIMES



三菱UFJ銀行が、2023年度末の店舗数を300程度に減らす計画を明らかにした。

2017年度末と比べて4割減となる

三菱UFJ銀行によると、銀行サービスのデジタル化が進み店舗への来店者数が減少することを踏まえ、店舗展開の見直しを進めて業務の効率化を図るということだ。



三井住友銀行も店舗削減の発表をしています。



最近の金融機関関連のニュースを見ていると、

金融機関の姿は、あと数年で激変することは間違いないですね。




そう言えば各都銀、行員の数も数年で一定数削減する事を発表しています。



興味深いのは「退職による自然減」以上の削減数を発表してること。

各担当者様も将来どうなるんだろう、、、と思っている感じでしょうか。。。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする